あなたの改善の余地を受け入れる | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/08/09] あなたの改善の余地を受け入れる


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


先日、7年ぶりに知人と再会しました。
彼女は私がアクティブウーマンを立ち上げた際に
まだ収入がなかったので、英会話講師のアルバイトをしていた時代の生徒さんです。
ひとまわり年上ですが、何かと気が合い一緒に旅行に行ったり
食事をしたり、プライベートな付き合いをさせていただきました。


その彼女から7年ぶりに連絡がありました。

彼女の話しの中で、


「年に2回、会社から査定の面接があるんだけど、それがすごく嫌。
どうしたらいいのか、改善点を教えてくれないから分からない」


といいます。

「査定」とは、その人の足りない部分、のりしろ部分を教えてくれるものです。
もっとよくなる余地がある、これが出来ていない、というのを
客観的に教えてくれるものです。



私も会社勤めの時にこの査定をうけたことがありました。
よく覚えています。
アメリカ人のマネージャーに、「君はこれは達成できてるけど、これに関してはCランクだね」
というような内容でした。

自分でもわかっていたことでしたが、
改めて他人の口から言われると、なんだかショックを受けたと同時に
身が引き締まりました。


今では私は会社を経営する身です。
何が足りないのかを教えてもらったり、改善点を考えることが
当たり前です。


でも、会社員である彼女は「すごく嫌」だと言います。


「査定されることは素晴らしことだよ。自分ののり白部分に気づくじゃない」

と言う私に、彼女は

「ポジティブ~!久しぶりに違う人種にあった」

と笑いました。


改善を考えることが細胞レベルまで浸透している経営者集団と
常に一緒にいる私にとっては、彼女こそ久しぶりにあった違う人種でした。


この辺りのマインドが、成功する人と成功しない人の違いかな、と思いました。
私はまだまだ成功している、とはいえませんが、
成功しない人は自分の改善を積極的に行わず、どうしたらいいのかを考えず
事実を見ることを避けています。


仕事とは常に改善なんです。
現状維持なんてありません。
良くなるか、悪くなるか、しかありません。
人生も同じです。
現状維持は成長放棄だと思います。


私がいつも意識しているのは、
私が越えなければいけないのは、先月の私です。

成長は何よりも自分の未来のためにするものです。
自分が成長することで、あなたに関わった人が
あなたと出会えてよかった、と思える。
そんな人になって欲しいです。



アクティブウーマン留学センターページトップへ