3日目の涙 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/07/17] 3日目の涙


こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

人生の岐路に悩むアクティブガールズたちに、そっと背中を押す言葉を
いつも届けています。


今日は留学3日目の近況報告、というちょっとおもしろい感想文のシェアです。
メルボルンに到着したMさん。

Mさんはカウンセリング、セミナー含めてオフィスに何度かいらっしゃいました。


3日間で経験した自分の感情と向き合った、素直な気持ちを書いてくださいました。
きっと日本にいたら味わうことのなかった自分自身。

新しい生活では、大きな海原に飛び込んでいくような感じで
必死で手足をばたつかせていると思います。
でも、思考錯誤の中で必ず上手に泳げるようになります。

1年後の記録として、自分の感情を素直に書いておくこともいいと思いました。
現地ガールズの皆さんも、毎日の自分の生活を日記に書いておくといいですよ。
来年の今頃、どんな生活をしているかな。



=================


無事にメルボルンにつくことができました。ご報告です。
そして、たかだか、3日しかメルボルンにいないのに、
いろんなことがあり過ぎて、思わず、メールをしてしまいました。

いつもはなるべく言葉を選んでいますが、心の赴くままに書いていますので、
失礼な点があるかもしれませんがご容赦ください。


初めて、一人で海外に行きます。心配で、そして出発が近づくとやはり
さみしくなって、人前では「留学にいくんだ」と笑顔でも、一人になると
悩む自分がいました。


成田空港では、泣いたりして。でも、自分で決めた!!お金も払った(笑)と思い、
手続きを済ませると、わくわくしました。
英語がうまくなくても、飛行機にのれて、オーストラリア国内の乗り継ぎも
なんとかなって、一人でもできたと自信になりました!!
メルボルンに向かう飛行機は日本人はいないし、ついてからも2ー3人しか見ませんでした。



ホームステイ先では、とてもよくしてくれて、宇宙語のような英語がとびかってますが、
なんとか生活をしています。
それだけじゃなくて、英語の勉強にきたので、学校にも通わないといけないので、
見知らぬ土地で一人で、電車に乗っています。
もちろん、ホストファミリーが教えてくれましたが、これまた、なんとかなる!!
と、嬉しく思いました。


ただ、学校でまりさんとお話をしたときに、泣いてしまいました。
日本人だ!!日本語が話せるって、こんなに安心するんだと思いました。
感じてはいなかった、不安や恐怖があったんだなと思います。



Cityには日本人がいなくても、学校には、いる!!!
同郷のお友達は大切だと実感です。日本人の少ないところを希望して
きているので、日本人のお友達でも英語で、時には日本語で話していきたいです。
まずは、英語に慣れて、環境になれて、もっと多くのことに気付けたら嬉しいです。


クラスは、intermediateからスタートです。
明日が初めての授業で心配ですが、ホストマザーが大丈夫よと言ってくれることもあり、
頑張れそうです!!



たかだか、3日なのに、こんなに出来事があって、びっくりしています。
長々とメールをしてすみません、私は元気に、無事ですと、
伝えたかったのです。

ありがとうございます!!



アクティブウーマン留学センターページトップへ