ポジティブに笑い飛ばそう | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/05/25] ポジティブに笑い飛ばそう


アクティブガールズのみなさん、こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。


先日のメルマガで書いたように、この1週間は毎日海外からのゲストを迎えていたわけですが
彼らと一緒に過ごすなかですごく感じたのが

「まわりを気にしない生き方」
「嫌なことがあってもポジティブな面をみて笑い飛ばす」


ということです。

海外での生活が長くなると、思考回路が外国人化してくるようですが
恥ずかしい、という定義が微妙に違っています。


たとえば、先日私がアテンドしていたオーストラリア在住の男性は
街で新しいTシャツを購入し、「今着ちゃお」と、いきなりそれを路上で着替えました。
銀座のど真ん中でいきなり上半身裸になったので「ひえ~」でしたが
「別に誰も見てないよ」(←いや、見てますけど、、汗)
と、ケロリ。


「どうせ二度と会わないし」

という感じみたいです。

恥ずかしい、というのは結局誰かにどう思われるか、ということですよね。
自分がどうでもいいと思っている人からどう思われようと関係ない、ということかもしれません。
もちろん道徳の範囲ですが。


自分が関わることがない人からどう思われても関係ない。
どうせみんな100年後には骨。


人前で緊張したり、授業で発言したいけど言えない。
そんな人は、もっと気楽に考えるといいかもしれませんよ。


つらいことがあっても、物事には常に対極があります。
嫌だと思ったことも、いい面があります。

雨がふったら、「いい機会だからかわいい傘を買おう」「ブーツを買おう」
かわいいブーツを買ったら、絶対に雨が待ち遠しくなります。
休日の雨なんかも私は好きです。
コーヒーを飲みながら雨の音を聞くのは幸せです。
街に出れば、緑の匂いがします。

ポジティブでいる、というのはサバイバル能力だと思います。
オーストラリア人は、そういう意味ではとてもポジティブで
自分軸で生きている気がします。

人は、一緒にいる人に影響を受けます。
なりたい人のそばにいるのが、一番いいと思います。



アクティブウーマン留学センターページトップへ