ゴールデンウィークがあけたら、、、、1ドルなんと83円代に突入! | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/05/07] ゴールデンウィークがあけたら、、、、1ドルなんと83円代に突入!


アクティブガールズのみなさん、こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。


ゴールデンウィークが明けましたね。
私は普段は東京にいるのですが、今年は珍しく地方へ脱出しておりました。



長野県大鹿村という、南アルプスのふもとで、のんびりと過ごしてまいりました。
自然以外は何もない場所ですが、普段東京での視界の狭い暮らしから
山を眺めてゆっくり過ごす田舎時間は最高のリフレッシュになりました。

おいしい郷土料理と、楽しい仲間と、大自然。
これ以上の幸せはありません。



写真をブログにアップしました。景色がきれいなので
目の保養にどうぞ!

http://ameblo.jp/activewoman/entry-11244173706.html




さて、また今日からバリバリ仕事ですよ!
休みが明けたらドルがめちゃめちゃ下がっていてびっくりです(@@)
留学モード全開ですね。




そういえば、GW前にお知らせしたキャリアセミナーですが
あっという間に満席になりました。

いろいろなセミナーを開催すると、お客様の興味がよく分かってとても勉強になります。
女性に役立つサービスを提供できるように、これからもがんばりますね。

これない方には、内容をシェアできるような何かを考えます。


さて、今日は久々にアンケートのご紹介です。
パースへワーホリ中のHIROMIさんです。


ワーホリは現地でどうやって暮らすのかな~とイメージがつかない方は
ぜひご参考になさってくださいね。




・学校名
Milner International College of English

●自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを
なんでもご記入下さい!

諸事情により辞職をきめ、就職活動をしていた際に、知り合いにワーキングホリデーを紹介されました。
小さな世界しかしらず、狭い視野で生きるのが嫌で、内定をもらったところもありましたが、オーストラリア行きを即決しました。
海がきれいなところがよくて、桜井さんに相談しパース入りを決定。
9月から全ての準備を始め、11月末にオーストラリアに渡り、現在約5ヶ月住んでいます。



〈学校について〉

最初16週間学校に通っていました。
pre-intermediateから始まり、intermediate、TESOLコース(子供に英語をどう教えるかを勉強するコース)を経て、運良くupper-intermediateで卒業しました。
16週間は、正直予算的に高かったですが、お勧めしてもらったとおり、長く通って正解でした。
友達も出来るし、数週間通ったくらいでは大して変わらないと思います。

Milnerは、午前の文法クラスと午後の会話クラスが別で、友達を多く作りやすいのと、文法と会話、それぞれのレベルにあったクラスで勉強が出来るので、よかったです。
英語を勉強しつつ、友達に他の国の言葉を教えてもらったりと楽しく過ごしました。

学校外の活動もあり、セーリングをしたり、毎週火曜日はズンバクラスに出ていました(卒業後も、たまにズンバしにいってます!)。
月1くらいで学校主催のパーティーとかもあります。



〈家について〉

最初4週間はホームステイでした。
素敵な家族でしたが、お子さんがいたのと中心地から遠かったのもあって、
勝手に夜遊び等を控えていたので、個人的には、ホームステイしたいなら短めに設定して、状況に応じて延長したりするのもありかなと思います。

ホームステイ後はシェアハウスに住んでます。
英語環境がよかったので、オージーとコロンビアの女の人と住んでます。
また、来週にはイタリアンの友達が借りるお家に引っ越し予定です。 



〈バイトについて〉

2つのジャパニーズレストランでキッチンハンド(皿洗い、料理補助)とウエイトレスとして働いてます。
お金が無くて、余裕が無かったのでジャパレスだけで働いてますが、ローカルのとこで働けばよかったと反省中です。
英語の勉強になるし、時給とかもぜんぜん違います!

時期にもよるかも知れませんが、仕事探しは簡単ではないので、早めに動くことをお勧めします。

パースは他の都市よりも時給が高いので、バイトしてお金をためるのにいいらしいです。



〈その他〉

夏の間は、毎週末って言うくらい、友達とBBQしてました。
毎週水曜日の夜は、いつものバーにみんなでいって、飲んで踊ってました。
たまに、終バスを逃して、みんなで友達の部屋にとまらせてもらったり、学生を満喫してました。

現在は週7で1日3~7時間くらい働いて、旅行のためにお金をためてます。
7月からオーストラリアをまわるのと、8月にヨーロッパ行って友達に会う予定です!




追伸:

2012年05月17日(木) 18:30 (渋谷)のILSCのあんぬさんのセミナーですが
人気のTESOL(児童英語教師)についてのレッスン内容もお話いただきます。

帰国後に英語を教える仕事につきたい方は
ぜひご参加下さい。


また、「アサーティブ」についてもお話いただきます。
アサーティブとは、自己主張をする能力のこと。
これ、実は日本人が一番苦手なことでもあります。

角を立てずに、自分のいいたいことを主張するやり方は
外国人はとても上手です。

コミュニケーションの基本ですので
帰国後の就職活動や職場での現在の人間関係にも大いに役立つはずです。
特に、部下をもっている方はとても参考になるはずですよ^^


ご予約フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=8568



アクティブウーマン留学センターページトップへ