朝のこない夜はありません。 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/04/20] 朝のこない夜はありません。


アクティブガールズのみなさん、こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。


京都の金閣寺、金色に輝いてきれいですよね。
あれって金箔の下に真っくろの漆が塗られてるんだそうです。

着物の染色も、より美しい黒を出すために
一度赤に染めてから、黒に染め上げるそうです。


全く反対のことをすることで、より美しさが引き出せるのですね。

人間も同じだな、と思います。



闇があるから光がある。
闇を知っているから光のありがたさが誰よりも分かる。

そして、闇をくぐり抜けてきた強さがあります。

今、闇の中のいる人、
すでに闇を潜り抜けてきた人


人の心をうつことができるのは
いつだってそれを通ってきた痛みの分かる人です。


留学から帰国した人たちが明るくなるのは、
ある意味、「底辺」を経験したからだと思います。


なるようにしかならない。


こんな、いい意味での諦めや
笑うしかないようなトラブルに遭遇して、自分の出会ったことのないあらゆる経験を通して


「なるようにしかならない」


という「ゆるさ」を知ります。

ゆるさ、とは悪い意味ではなく、
やるだけやって、後はなるようにしかならない、ということです。


海外で生活している人たちは、
やるだけのことを必死にやっていると思います。
そして、そこで底辺を見ると思います。

明るい人こそ、人に見せないたくさんの涙を流しています。
漆黒の闇を経験しています。


そんな人こそ、優しさがにじみ出てきます。
朝のこない夜はありません。


光のありがたさが、心から分かる人間になりましょう。



追伸:

昨日はキックオフセミナーでした。
相変わらず盛り上がりました^^

写真を載せました。
http://ameblo.jp/activewoman/entry-11228168783.html


今後のスケジュールは以下です。
http://activewoman.jp/seminar_info/kickoff.php



アクティブウーマン留学センターページトップへ