分からないものから学ぼう | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/04/19] 分からないものから学ぼう


アクティブガールズのみなさん、こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。


先日読んだ記事でとても興味深いものがありました。

私たちは「自分がわかっている物事は、実はそんなにたいしたものではない」
と思わなければいけません。と書いてありました。



知識やこれまでの経験、習得した技術は自分の財産ですが
それらにしがみつくのではなく、
常にそこから一歩先をみる、ということだそうです。


自分がよくわからないけど興味のあるもの
苦手だな、理解できないな、というものにあえてぶつかっていきます。


これはなんだろう?と思うことから
新たな開拓をしたり、新しい世界を見つけることができるのだそうです。


わからないものに対して逃げたり避けたりしていては
そこで終わってしまいます。
いつまでたっても前に進めない。


知らない、ということは、それを知ることが必要なのだそうです。


今の自分はこれでいいんだ、
と思うことは、どんどん変わっていく「時代」に対して無頓着であり鈍感になることです。


英語ができる人が当たり前になる時代
優秀な外国人がどんどん日本に来て、日本人よりも給料が高くなる時代
海外と日本がもっとボーダレスになる時代
スカイプやテレビ会議で空間を共有する時代



公務員や商社が人気だった時代は終わりました。
正社員がいい時代も終わります。
終身雇用、年功序列、なんてものも、昔はありました。
年金なんてものも、きっとこれからなくなります。



時代は変わります。
親の時代と私たちの時代は違います。
これからの10代の時代も違います。


時代に対して無頓着でいないこと
必ず変わっていく時代に敏感であること


なんだか分からないものにも、勇気をもって飛び込むこと
ここにこそ、成長があります。



アクティブウーマン留学センターページトップへ