全ての出来事は転機です。 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/04/18] 全ての出来事は転機です。


アクティブガールズのみなさん、こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。

「このまま不満はないけど、何かつまらないなあ」

そう思ったとき、自分が変わるチャンスです。

ほとんどの人は、そこから飛び出すほんの小さなきっかけを作る
ちょっとした勇気が足りないので、ずっとそこで埋もれてしまうのです。


どんなに小さなきっかけでも、自分でそれを転機にしようと思えば
必ずそれはチャンスになってくれます。

小さくても、自分で「何かを起こそう」と思う気持ちが大切なのです。

私は28歳のとき、まさにこの「なんとなく不満」でした。
今の生活を続けていくこともできたけど、
単調で刺激のない毎日がつまらない。

「つまらない」


というのは自分のわがまま?甘え?

そんなことを考えて自分を責めたりもしたし、実際にまわりからも責められました。
でも、毎日毎日、その考えが頭から離れません。
毎日、毎日つまらなかったんです。
朝起きても

「今日もがんばるぞ!」

なんて、さわやかな気分にはなれないし、

毎週日曜日の夜は出かける予定なんていれないで
月曜からの憂鬱な仕事に備えて早めに寝る日々でした。

ブルーマンデーではなく、ブルーサンデーナイトでした。


私が思うに、一度頭にこびりついたイメージや想像はなかなか離れないし
頭に浮かんだひらめきは、自分に必要があるから湧いてくると思うんです。

このままこの社会に埋もれていていいの?
毎日同じ暮らしで年をとっていいの?



その頃私には、ゴールドコーストで暮らす大学の同級生がいて、
彼女は毎日ビーチを歩いて通勤し、週末は海沿いのカフェでビールを飲む生活をエンジョイしていました。


そんな暮らしがあることを知ってしまった私が
日本での暮らしに疑問を感じるのは当たり前だと思います。


満員の通勤電車
残業するほど仕事ができると思われている社風
有給休暇が実質とれない職場



「ここにいたら潰される!」



私が会社を日本を飛び出したのは、もはや“本能”という危機感です。
人は本当に”やばい!”と思うと、後先考えずに行動するものです。
28歳の私は、自分の居場所に限界を感じて、飛び出しました。


自分で「何かを起こそう」と行動しました。
全ての出来事は転機です。

新しい環境を求めるのは本能です。
そこから抜け出しても、それはあなたのわがままではありませんよ。



追伸1:

2012年05月22日(火)18:30(看護留学専門セミナー)が残席5です。
メルボルン・ランゲージセンター日本人スタッフが来日。
実際の看護留学の実情を近況報告します。

看護留学に必要な英語力、費用、アルバイトの状況
看護協会登録までの道のり、合格率、就職率などを細かくお話します。


留学セミナー予約
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=8568






追伸2:


2012年05月09日(水)のキックオフセミナーは満席となりました。
次回は6月21日 (木曜日)18.30です。

出発者限定のセミナーになります。
全員の渡航時期と渡航先をご紹介して、横のつながりを作ります。
フェイスブックでも早速つながっているので
ぜひ自己紹介&コメントしてくださいね!
http://www.facebook.com/activew


キックオフセミナー予約
http://activewoman.jp/seminar_info/kickoff.php



アクティブウーマン留学センターページトップへ