泣いていいんだよ | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/04/15] 泣いていいんだよ


アクティブガールズのみなさん、こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。


留学中は心の葛藤がたくさんありますよね。
英語は通じない、仕事や家の悩み、人間関係。。。



日本にいる時は、オーストラリアへ行くことそれ自体が憧れでしたが
実際にオーストラリアに住んでしまうと
今度はオーストラリアの生活が自分の日常になり
そこにぬるま湯感を感じてくる人もいるはずです。



日本では責任のある仕事をしていたのに
なんでここで皿洗いなんてしてるんだろう?


英語を勉強しにきたのに、
どうして日本人ばかりのシェアハウスで
毎日日本語だけしゃべってるんだろう?



「ここで何してるんだろう、あたし、、、?」



そうした疑問は多かれ少なかれ出てくると思います。


「オーストラリアに住んでいる」

それだけでも物足りなくて、次の疑問が出てくるわけです。

でも、それは健全な疑問と不満だと思います。



「何しに来たの?」



これをいつも忘れないようにして、
疑問を感じたら徹底的に自分の心を探ってみて
これでいいのか、だめなのか、を自分に聞いてみるといいです。


皿洗いは一生やる仕事ではありませんが
それが英語環境で、お金もたくさんたまるようであれば
期間限定と割り切ってしっかり稼げばいいです。


シェアハウスも居心地がよくても
英語の上達に全くつながらないのであれば
すぱっと出ればいいです。


何事も、全ては「期間限定」です。
留学もワーホリも、全てには期限があります。
ビザが切れたら、必ず全員帰ってこなければなりません。


永遠に続く海外生活ではありません。

デッドライン(締め切り)


を意識して、「いつまで」と自分でデッドラインをつけて生活してみてください。
全ては意識することで、初めてその存在が見えてきます。
時間は意識することで、無駄に過ごすことがなくなります。


私は皿洗いも、日本語環境でどっぷりとガイドの仕事もしたこともありましたが
全てに期限を決めました。


皿洗いは英語環境で楽しかったけど、お給料が安いので2カ月で辞めました。
ガイドはお給料はいいけど、英語の勉強にならないので4カ月で辞めました。
ガイドで貯めたお金で、今度は世界旅行へでかけて、思い切り地球をかみしめました。


目的別に全てのことができたので、よかったと思ってます。
割り切って、期間限定だったので、どの仕事をやってもそれほど文句もありませんでした。


そして、

つらい時は泣いて下さい。

心の問題は、体の外に出すのが一番です。
たくさん泣いて下さい。


そして、たくさん歩いて、運動をして、ぴかぴかに家の掃除をしましょう。
まぶたの腫れがひいたら、晴れた空のもとへ出て行きましょう。
街を、ビーチを歩きましょう。


涙は決してネガティブなものではありません。
心と体のデトックスです。
自分ではどうしようもできない悲しみやつらさは、
はけ口が必要です。


人は泣いた分だけ強くなります。


「ああ、私は泣きたかったんだ」


と分かります。思い切り泣いて、ただそれだけで、体からまた静かな活力が湧いてくるものです。
泣き疲れて、疲労困憊すると、失ったエネルギーをまた取り戻せます。

人ってそういうものです。そういうふうに出来ています。


泣きたいときは泣いちゃおう。



アクティブウーマン留学センターページトップへ