親の気持ち | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

[2012/02/10] 親の気持ち


アクティブガールズのみなさん、こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

いつもメルマガを読んでくださり、ありがとうございます。


留学へ行きたいけれど、両親の反対にあってなかなかふみきれない、
という方が少なくありません。


そんな中、北海道のお客様Aさんよりメールをいただきました。
Aさんは娘さんと二人ではるばる東京へカウンセリングにご来店くださいました。
そして娘さんはワーキングホリデーに旅立ちましたが
無事にセカンドビザがとれたとのことで、そのご報告をお母様からいただきました。



親御さんの立場からのご意見をみることは少ないと思うので
世間の親御さんたちは自分の娘の旅立ちをどう思っているのか、
そして結果として、どうその成長を感じているのか
といったことを分かって欲しいと思い、
Aさんに許可を得てメールをシェアさせていただきます。



ここから
=================
お久しぶりです。一昨年は大変お世話になりました。 
北海道からカウンセリングでお伺いしましたAです。
いつもメールを拝見させていただいています。


 
実は娘は、ただ今メルボルンでセカンドゲットのファームも終え、
仕事探しに奮闘しています。もうすぐ1年になります。
とにかく1人でやってみたい 無駄なお金は使いたくない!と 旅だって行きました。
幸い、いとこが ゴールドコーストに居るので 何かあったら助けてもらいながらなんとか1年過ぎそうです。 
 
もう少し早くお伝えしたかったのですが、
とりあえずセカンドゲットしてからと思い今日のご連絡になりました。
 

娘はオーストラリアで19歳になりました。
学校は4ヶ月通い一番上のクラスで卒業したみたいです。
ウーフでファームを経験したり、1人ケアンズへ職探しへむかい 
1人バッパーで過ごし ハラハラドキドキさせられながらも、一つずつ目標をクリアしているみたいです。 


とにかく行って良かったみたいですし、親の私も背中を押して良かったと思っています。
去年の今頃は大学進学した方がいいのか 親も迷っていましたが、今行ける時に行きたいと 
何の迷いもなくいきいきしている娘をみて、決心しました。
 
 
ゼロからの友達作り、英語環境。
やればできるんだと、娘から新に教えられました。
 

お正月に一度帰国した娘は、いきいきして、強く逞しくなっていました。
みんないい人、楽しい!!

 
はじめは、自然の中でツアーガイドしたいと言っていましたが、
今はメルボルンのアートの学校に行きたい!!とか スペイン語を覚えたい!!カナダも行きたい!!と 
夢が広がり人としての生き方の選択肢も拡がったみたいです。
 

本当に行かせて良かったと思います。私も三ヶ月くらい行って刺激されたいというか、
挑戦してみたくなりました。年女ですけど、!!(笑)  
 

たくさんの人を送り出す桜井さんのお仕事素敵ですね~~
素敵なコトみんな経験して欲しいですね
 
 
長くなりましたが 報告でした。。
 

==============
ここまで。



どうですか?
素晴らしいと思いませんか?


お母様のメールの中で


「人としての生き方の選択肢も拡がったみたいです。」


という言葉が印象に残りました。


その通りなんです。
狭い価値観の中で無理やり「みんながするから」、と就職の道を選んでも
結局その仕事を心から好きにならなければ成長がありません。


それよりも、人として広い選択肢を身につけて
あれがやりたい、これがやりたい、という「やりたいことだらけ」の生活のほうが
どれほど生き生きと輝けることでしょうか。


進路指導や担任の先生から、「何を考えているんだと」と何度も言われたそうです。
世間では大学へ行くことが常識の中、Aさんはこう思ったそうです。



「常識ってなんだろう??その人の価値観 色々なんだろうな~~って 
そのうち私も そういうお堅い考えや守りの生き方から娘を解き放してあげたくなり 
思い切りました。」




親にとって子供は自分の分身です。
命を投げ出してもいい存在です。


でも、「解放してあげよう」とAさんは決心しました。


その決断をしたAさんは本当に素晴らしいと思います。
手放すことは得ることよりも勇気のいることです。
世間の常識から、娘を「守った」んだと思います。



Aさんのような柔軟な考えをもつ親御さんばかりではありませんが
親の葛藤、というものを留学する皆さんにも理解して欲しいかな、と思いました。


そして親御さんの理解を得られない人も
きっとご両親はAさんと同じ気持ちで、でも「手放せない」んだと思います。


説得できないかもしれません。
でも説得する必要もないと思います。
人の価値観はそれぞれで、解放してもらえないなら
自分から自由になればいいだけです。

私たちはもう大人です。

誰の束縛を受ける必要もありません。



アクティブウーマン留学センターページトップへ