日本からオーストラリアへ オーストラリアから日本へ荷物を送る手順と注意点 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

オーストラリア留学・ワーホリ>日本からオーストラリアへ オーストラリアから日本へ荷物を送る手順と注意点

日本⇔オーストラリア 荷物を送る手順と注意

荷物を送る手順


こんにちは。アクティブウーマン留学センターの桜井です。初めての留学ではどんな荷物を準備すればいいか迷いますよね。そんな女性たちに旅慣れた私からのアドバイスや、オーストラリアへ渡航中にご家族の方から荷物を送ってもらう方法、逆に日本への帰国前にまとめて荷物を日本へ送り返したりする際、便利なやり方と注意点などについて書きました。

日本からオーストラリアへ
荷物をおくる

荷物を送る手順

基本的は荷物はスーツケースひとつと、小さなリュックで十分だと思いますが、留学先で冬物が必要になった、お母さん送って!と言った場合など、どうしても足りないという場合に送ってもらうといいと思います。

送料を考えると現地で買ったほうが結局安かったりするので。郵便局、フェデックス、クロネコヤマトなど色々ありますが、郵便局の「EMS」と呼ばれる海外宅配が一番おすすめです。私も海外へお菓子などのプレゼントを贈るときによく使います。

EMSとは?

EMSはオーストラリア以外にも、世界120ヶ国以上の国に配達が可能となっており、 届くまでの期間が短く、荷物の追跡も出来るため安心安全な方法として知られています。

重量制限も30kg迄となっているので、通常荷物を送るには十分な量です。
こちらは日本郵政グループのサービスとなっているので、各郵便局から発送することが出来ます

*EMSの使い方

荷物を送る手順

① EMSとして送ることが出来るものかどうか
オーストラリアの検疫を通る際、問題の無い品物かどうかについて確認した後に梱包する。

② 梱包が完了したら、郵便局の窓口で専用ラベルをもらう。
③ 税関告知書に記入する
オーストラリアに荷物を送りたい場合、税関告知書という書類に、全ての品物について、英語で名前を記載する必要があります。

また、利益を得る商業目的でないことを明らかにするために、
『個人使用(Personal Use)』または『個人的な贈り物(Personal Gift)』と、記入しましょう。

書類の書き方が分からなくても、郵便局の窓口で丁寧に教えてくれるのでご安心を。

*料金形態と配達日数

EMSの場合、必要な料金は荷物の重さによって異なります。例えば、2kgの場合、送料は4000円になっています。また、配達日数は、下記のページから算出することが出来ます。オーストラリアは広いため、各州・地域によって配達目安の日数が異なっているようです。

例えば、東京からメルボルンに小包を送る場合、なんとたったの3日で届けることが出来ます。 速いですね!

*これはNG! 送ることが出来ない荷物

荷物を送る手順

オーストラリアは検疫が厳しく、郵送できないことになっているものが沢山あります。

郵便局のホームページにて、なんと4ページにわたって記載がありますが、肉・肉製品/乳製品/麺類/植物/は基本的にNGです。カレーのルーも没収されたと聞いたことがありますし、のりたまのふりかけも、思いっきりひよこが殻から出ている絵がかいてありますよね。あれも取られたと聞いたことがあります。

箱を開けて中を見られる可能性が多いので、洋服などと一緒にお母さんが日本の食べ物を一緒に送りたい気持ちも分かりますが、万が一取られてもいいという心づもりでいて下さい。

粉末のお吸い物やフリーズドライの味噌汁など、スーパーマーケットで売っている状態でそのまま入れていれば問題ないと思います。全部出してタッパーにいれて、となると厳しいと思います。

もちろん「大丈夫だった」、という人もたくさんいるので、こればかりはチェックする担当官の裁量によるところも大きいと思います。

オーストラリアから日本へ
荷物をおくる

荷物を送る手順

さあ!いよいよ帰国のときになりました!1年のうちに買い物したり、なんやかやと荷物は増えてしまいますよね。すっきりと帰国するためにまずは現地でメルカリやジモティ的な売り買いサイトで、ドライヤーや衣類は売ってしまいしょう。
留学生は新しく来た人、ビザが切れて帰る人、で常に新旧交代しています。あなたの不要品を今度は、新しい生活のために必要な人がいます。「いままで1年ありがとう。今度はあなたの番よ」そんな気持ちでどんどん手放して身軽になりましょう。

それでもあまった場合は?

それでもやっぱりこの洋服は持って帰りたい!そんなときはオーストラリアから日本へ郵送しましょう。

郵便局から

荷物を送る手順

送る便にいくらか選択肢があり、一番安い便だと10日程度かかりますが、他の民間の宅配業者と比べて料金を半分から3分の1程度に抑えることが出来ます。郵便局ならどこの街にもありますし、大都市ですと数件ありますので、一番手頃かと思います。

こんなもの見つけた!CUBE IT

人気で便利な郵送サービスを探してみたところ、CUBE ITというサービスを見つけました。 こちらのサービスを使えば、スーツケースやサーフボードなど、大きなものも送ることが可能です。勿論通常の段ボールも郵送可能で、料金形態も大変わかりやすいものとなっています。 オンラインで予約や見積もりを行う事が出来、日本での着払いも可能だそうですので、結構便利なサービスなのではないでしょうか。日本語・英語の両方に対応しているので、 英語初心者の方でも安心です。重量制限なしの詰め放題で$170だそうです。

いちいち重さを気にして、体重計で測ったりしながら梱包しなくてもよいのは楽ですよね。 残念ながら配達日数については、公式ページに明記がありませんでしたが、使用した方のレビューなどを見ていると、大体1週間~2週間で届くようです。

女性限定!留学セミナーへ行こう!

荷物を送る手順

荷物を含めて準備は一人だとラチがあきません。アクティブウーマンでは出発前の女性たちが集まって一緒に準備確認をするセミナーもあります。もちろん毎日のメールのやりとりで、質問はほとんど解決してしまいますけどね。アクティブウーマンでは申し込み済みの方のためのキックオフセミナーと、これから留学を検討している方の留学情報セミナーの2種類を毎月開催しています。生理用品や恋愛事情など、女性限定だからこそ、ざっくばらんに話せる内容がたくさんです。

セミナー詳細はこちら
荷物を送る手順

これは渋谷オフィスでの渡航前の女性たちの様子。キックオフセミナーはこんな感じでやってます。みんなでどこの学校へ行くのかを確認したりしています。ワイワイしていつも活気があるセミナーです。

荷物を送る手順

これは、ブリスベン在住の日本人女医、K先生が、プライベートで来日した時にセミナーに参加して下さいました。外国人彼氏ができた時の注意や、生理不順、ピルのことなど、全員女性だからこそ話せるシークレットな内容が盛りだくさんでした。

女性の留学ならお任せください!

荷物を送る手順

私たちは女性の留学サポート3000名以上の実績があります。日本全国の女性の留学をひたすらサポートし続けています。普段は渋谷でほぼ毎週セミナーも開催していますので、ぜひ参加下さいね!

荷物を送る手順

帰国してからたくさんの女性たちが遊びにきてくれます。留学後、一回り大人になった女の子たちの成長を心から楽しみしています。

また、現地にいる留学女子たちと一緒に作った応援ブックをぜひお取り寄せ下さい。無料でご自宅へ郵送しています。都市や学校の決め方、予算や留学の1日の流れなど、知りたいことが全部書いてあります!

多くの女性たちが、この応援ブックを握りしめて渡航されます。みんなのバイブルになることを願っています。

留学女子みんなで作った応援ブックはこちら
資料請求・無料相談はこちら
STEP1  資料請求STEP2  ワーホリ・留学セミナーSTEP3  渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ