生理用品は留学中はみんなどうしてる?現地で買うの?日本から持っていく?

アクティブウーマン留学センター

「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

オーストラリア留学・ワーホリ>オーストラリアの生理用品事情。その品質は?種類は?

 

オーストラリアの生理用品事情。その品質は?種類は?


生理用品は現地調達

生理用品についても、日本から持参するのは最初の1~2ヶ月分だけで大丈夫だと思います。オーストラリアにも、薄いタイプのものや羽つきのもの、タンポンもちゃんと売られているので安心してください。

日本と同じくスーパーや薬局で購入可能です。自分にあったものを探してみてください。パッケージデザインの可愛い物もたくさんありますよ。

ただ、生理用のショーツは売られていないようですので、必要な方は日本から忘れず持参してください。

オーストラリアにはどこの町にも共通したチェーン店のスーパーマーケットがあります。
代表的なのが「Coles」「Woolworths」。こうしたスーパーではオリジナルブランドの生理用品がとても安いです。普通のブランドの半額くらいで購入できます。240円くらいかな。


超薄や、羽つきなどもありますし、デザイナーズシリーズといってナプキンに可愛い模様が入っているものまであります。品質は日本とほとんど変わりません。海外に暮らすから!といって、かさばる生理用品を日本から大量に持って行かなくても大丈夫ですよ。日本からは最初の1回分くらいだけ持っていって、後は現地で可愛いものを買いましょう。タンポンもありますのでご安心を。

あと、これは余談ですが、ある女性の本に書いてあったことですが、女性は経血を自分でコントロールできるそうです。コツとしては量の多い2日目までは、もし時間に自由が利くのであれば
1時間に一度くらいの頻度でトイレに行っていきむと、経血が出てきます。尿意がなくても、せっせと血を排出するためにトイレに行くのですね。そうするとほとんどナプキンが汚れないので、長持ちしますよ。



極薄タイプ(普通用)


極薄タイプ(夜用)


極薄タイプ(羽つき)


パンティーライナー
>ホームステイ中に生理になったら?
長く滞在したら、当然生理は来ますよね。ホームステイ中に生理になっても大丈夫。ホストマザーに生理になったことを伝え、ゴミはどこに捨てればいいのかを聞きましょう。サニタリー用のゴミ箱がトイレにある家もあれば、普通にキッチンのゴミ箱に捨てる家もあります。生理は女性ならば当然のことですから、恥ずかしがらずにナプキンの捨て場所などきちんと確認しましょう。エチケットとして、きちんとトイレットペーパーでぐるぐる巻きにしてゴミ箱に捨てましょう。ちなみに「生理が始まった」は英語でいうと「My period started」です。ホストファミリーや学校の友達にビーチに誘われたときなどに、生理だから泳げないの、という感じで普通に伝えれば大丈夫ですよ。

生理痛の薬もスーパーでバファリンなどの市販の薬がいつでも購入できるのでとても便利です。
ちなみに生理は英語でperiod(ピリオド)といいです。生理痛の薬はpain killer(ペインキラー)です。

>婦人科
オーストラリアでは、緊急の場合をのぞいて予約なしで直接、専門医や病院に行くということはありません。まず”GP”と呼ばれる一般開業医で診察を受けます。
そのあと、GP が専門的な検査や診断が必要と判断すれば、それぞれの専門医(Specialist)や病院(Hospital)に連絡を取り、予約を入れてくれます。

>生理通などで低用量ピルを服用している方
『外国へのピルの持ちこみ』
オーストラリアには3ヶ月分以内なら許可なく持ち込むことができます。
ただしこれはあくまで原則ですから、主治医の先生から、貴女にこの薬が治療として必要であるという診断書を書いていただけば安心でしょう。
診断書は英文で書いてもらいます。薬の名前はしっかり言えるようにしましょう、オーストラリアではピルは日本よりも格安で購入できます。
まとめ

オーストラリアの生理用品は日本のものとほとんど変わりません。
スーパーマーケットで自分のお気に入りを探すのも、海外生活の楽しみの一つです。
現地の生活ではできるだけ現地のもので暮らすようにして
柔軟に海外生活を楽しんで下さいね。
資料請求・無料相談はこちら
STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
PAGETOP