アクティブウーマン留学センター

「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中
オーストラリア留学・ワーホリ>メルボルンVSケアンズ
あなたはどっち派?代表的な2都市を比べてみよう!
ケアンズVSメルボルン
オーストラリアは日本の20倍以上ある広大な大陸。留学先として、どこの都市を選ぶかでライフスタイルが変わってきます。自分はどんなライフスタイルを送りたいのか?南北を代表する2都市を例にとってみますね。
ケアンズ
北を代表する町。通年常夏のビーチリゾート。寒いのが苦手!という人にお奨め

ケアンズの特徴な何と言ってもその自然の豊かさ!青いビーチが続いて鳥の声が聞こえる中で学ぶことができます。

ケアンズでは真っ白なオウムが群れをなして飛んでいる風景が毎日見ることができます。

ビーサン、Tシャツ、すっぴんで本来の自分に帰る場所。のんびりとしたケアンズ時間はたくさんのローカルの人たちとの交流など、温かい雰囲気に溢れています。

また、直行便で7時間という近さも魅力。距離が近くて時差もほとんどなく、乗り継ぎもないので留学初心者に特にお奨めです。

ケアンズのビーチでの写真

ケアンズでリラックスしている写真

ケアンズのオイスターの写真
物価が安いので、節約派にもおすすめ

ケアンズは見渡す限りの大自然でもあるので、生活物価がとても安い!
土地の物価が安いのでシェアハウスもとてもリーズナブルです。
自転車通学や徒歩で通学ができるので電車賃が浮くのも嬉しいですね。

ケアンズの食料品売り場の写真

ケアンズの市場の写真
スポーツしたい女子には最適!
ビーチが近いですし、広大な町並みなので、まわりはエクササイズできる環境に溢れています。
学校を一歩でればすぐにジョギングを始められるし、ビーチでは朝や夕方はローカルの人たちが犬の散歩やジョギングをしたり、子供たちを連れて散歩したりしています。

トレッキング、ダイビング、ビーチウォークにヨガといったスポーツ天国でもあります。
ケアンズでのサイクリングの写真

ケアンズでのサイクリングの写真

ケアンズの海の写真

ケアンズの広場の写真
ケアンズでお奨めの学校はこちら
メルボルン
南を代表する町。カフェ、教会、デザインセンス溢れる学園都市
世界で一番住みやすい町に選らばれ続けている町です!
カフェの多さは髄一!バリスタを育てる町
バリスタの世界大会も開催され、バリスタコースやホテル、レストランの専門学校も軒をつらねるくらいのカフェ天国。
道を曲がるたびに新しい発見があるのも楽しい。
小道にはたくさんの個性派カフェがオリジナルな雰囲気をかもし出しています。
メルボルンのカフェ通りの写真

メルボルンのカフェの写真

メルボルンのスイーツの写真
世界で一番住みやすい町
4年連続、世界で一番住みやすい町に選ばれ続ける町。
町並みはヨーロッパに似た建造物が並び、町全体がアートミュージアムのよう。川沿いにはホテルやカジノが並び、夜遅くまでライトアップされた建物の前では音楽を奏でるパフォーマーたちがあちこちにいるのもメルボルンならではの風景。町は音楽で溢れています。
メルボルンのショッピングモールの写真

メルボルンのウールアートの写真

メルボルンのカフェのアート写真

メルボルンの夜景の写真
都会と自然が一体になった町
市内はとても賑やかですが、たった20分でビーチに着くのもメルボルンの特徴。
そこからはずっとビーチが続きます。
長期留学の学生たちは郊外のシェアハウスに暮らして、アルバイトも地元でする、という人も多いです。
郊外は広々とした住宅街で静かな雰囲気でお奨めです。
メルボルンのレストランの写真

メルボルンのビーチの写真
メルボルンでお奨めの学校はこちら
資料請求・無料相談はこちら
STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
PAGETOP