ビザについて【お手続き完璧マニュアル】 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

ビザについて【お手続き完璧マニュアル】

ビザについて

こちらのページでは、ETAS・ワーホリビザ・学生ビザのそれぞれに関して、 よく頂くご質問をまとめます。このページさえあれば全てが解決する!というページを目指して綴っていこうと思います。

ETAS

ETAS

1.アクティブウーマンに申請代行を依頼できますか?

残念ながらETASの代行申請は承っておりません。
ご自身で申請いただく事も出来ますが、ビザ専門の代理店さんに依頼される方が お安く簡単に抑えることが可能です。

下記ご参考ください
http://shop.viewgrant.com/
https://www.jalabc.com/etas_service.html

2.いつ取得したらいいですか?

ETASは取得から1年間の有効期限がありますので、 取得はいつでも大丈夫です。

業者さんに依頼される場合、取得まで1週間~時間がかかる可能性が有りますので、 お手すきの際、早めに取得しておかれてください。

3.ワーホリビザ(学生ビザ)を申請予定ですが、ETASも必要ですか?

いいえ、ビザはお一人お一つとなりますので、 他のビザを申請される場合、ETASは必要ありません。

4.この間旅行で取ったETASがあるのですが、使えますか?

はい、1年以内に取得されたものであれば再度ご利用いただく事が可能です。

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザ

1.有効期限はいつからスタートしますか?

まず、ワーキングホリデービザは発給された日から1年間の有効期限があります。 有効期限内に、オーストラリアへ到着する必要があります。

オーストラリアへ到着されましたら、 その到着日から1年間の滞在が可能になります。

発給された日から1年間の滞在ではありませんので、ご安心ください。

2.申請からどのくらいで発給されますか?

多くの場合は1週間程度で発給されますが、 申請の条件に依ってはそれ以上かかることも見込まれます。

例えば…
*過去に大きなご病気をされている
*過去に外国へ3ヵ月以上住んだことがある
*過去に名前が変わったことがある 等

アクティブウーマンでは、出発予定日が近い方より、 ご出発に余裕をもって間に合うよう、順次申請しております。

3.半年で帰国できますか?

はい、可能です。

滞在自体は1年間可能ですが、何ヶ月いなくてはならないというルールはありませんので お好きなタイミングでご帰国いただけます。

4.一時帰国してまた渡航できますか?

はい、可能です。

はい、滞在有効期限内であれば入出国が可能です。

5.ワーホリビザを取得した後、入学より先に旅行で入国できますか?

はい、可能です。

入国されること自体は可能ですが、 ワーキングホリデービザを所有している場合、 オーストラリアに入国した時点で、ワーキングホリデービザの滞在可能有効期限である 1年のカウントがスタートします。

直ぐにご帰国される旅行の場合でも”1年”のカウントは止まりません。 ご留意ください。

6.ワーホリビザを取得した後、1年以上入国を延期できますか?

ワーキングホリデービザは、発給から1年間以内に渡航しなければ、 無効になってしまいます。

その際、移民局から申請料の返金はありません。

無効になった後で、再度申請することは出来ますので、 お手続き上1年以上の延期をされることは可能ですが、 再申請の際には再度同額の申請料がかかります。

7.ワーホリビザで滞在した後、現地で学生ビザに切り替えできますか?

お手続き上は可能です。

ワーキングホリデービザが切れる、最短でも3ヵ月前には進学先の学校を決め、 お手続きを開始できればと思いますので、 もし弊社にご依頼板ける場合にはお早めにご相談ください。

8.ワーホリビザ申請後、日程を変更しました。移民局へ連絡は必要ですか?

いいえ、不要です。

発給された日から1年以内に渡航すれば、どのタイミングで渡航しても大丈夫です。

9.入国予定日が決まらないので、代行フォームを送れないのですが?

ワーキングホリデービザの場合、ビザ申請後も渡航日程の変更が出来ますので まだお決まりでない場合には、ひとまず現段階での日程をご記入いただければ大丈夫です。

学生ビザ

学生ビザ

1.申請からどのくらいで発給されますか?

早い方の場合1週間程度で発給されることもありますが、 移民局からの公式発表では、37日~68日間かかることになっています。
ご入学日の4ヵ月前から申請可能となっておりますので、 4ヵ月を切ったらすぐ申請が出来るよう、 事前に必要書類の用意等が完了しているとスムーズです。

2.ビザが発給されない事ってありますか?

申請内容によりましては、ビザが発給されない事もあります。

審査の際には、GTEと呼ばれる作文を提出する必要があり、 こちらの内容がかなり重視されています。

GTE作成に関しては、こちらをご参考ください。

【学業計画書 作成のキーポイント】

3.パスポート以外、申請に必要な書類はありますか?

これまで、ご自身やご両親のご結婚やご離婚により、 お名前が変わった経歴のある方は、戸籍謄本のご提出が必要になります。

英訳して提出する必要がございますので、 英訳の際にはこういった専門機関をご利用ください。

https://english-cvs.kumazasa.co.jp/proof-1/webform/form.cgi

留学資金をご家族の方に援助していただいていたり、 会社から奨学金を得ていたりする方に関しましては、 銀行の残高証明や、会社からの書類をお願いする場合もございます。

4.会社で連絡のつく人を記載する欄がありますが、連絡が行く事はありますか?

今の所、移民局からご連絡がされた件は一度もございません。

もし特定の個人の方のお名前を書く事が難しい場合、 会社の代表電話番号と、代表の方のお名前をご記入ください。

5.ひとまず半年申請して、現地で1年まで延長は出来ますか?

お手続き上は可能です。

ただ、延長する際にも同じ金額(約5万円)の申請料がかかり、 延長のお手続きにも時間がかかります。

もし予め1年間行きたいというご希望である程度固まっているのでしたら、 最初から1年間お申し込みしておかれる事をお勧めいたします。

6.学生ビザで滞在した後、現地でワーホリビザに切り替えできますか?

ワーキングホリデービザは、オーストラリア国内から申請が出来ないビザです。
その為、一度日本へお戻りになるか、 ニュージーランド等別の近隣国からご申請ください。

7.ビザを取得した後、日程の変更は出来ますか?

学生ビザは、一度申請すると日程が変更できないビザです。

もしやむを得ない理由によりどうしても変更する必要があるという場合、 直接カウンセラーまでご相談ください。

8.最後の猶予期間はどのように過ごせば良いですか?

特に決まりはございませんが、 アルバイトも時間制限なく行う事が出来ます。 もしくは、その期間内だけで学校を数週間延長することもできます。 ご旅行なども可能です。

勿論、使わずご帰国なさっても大丈夫です。
ご自由にお使いください。

ワーホリ&学生総合

ワーホリ&学生総合

1.健康診断は必要ですか?

通常は必要ありません。

ただ、下記のような方の場合はビザ申請中、健康診断が求めれる場合があります。

*過去5年間で、3か月以上外国に住んだことのある方
*過去に手術も伴うような大きなご病気をされた事のある方

移民局から依頼がありましたら、 1ヵ月以内に指定病院にて健康診断の受診頂きます。
健康診断が必要になった場合には、個別でご連絡させて頂きますのでご安心ください。 ご連絡が無い場合、不要とお考え頂いて大丈夫です。

2.申請費はどのようにして支払いますか?

ビザ申請代行フォームにご記入いただくクレジットカードでの決済になります。 お振込み頂く必要はありません。

3.申請費はいつ引き落とされますか?

ビザ申請を行った時点で、引き落としの依頼がされます。

ただ、引き落とし日に関しましては、ご利用中のカード会社さん締日によりますので、 正確なお日にちに関しましてはカード会社さんへお問合せ下さい。

4.引っ越しする予定がありますが、住所欄はどうしますか?

あくまでも、代行フォームをご記入いただくその時点でのご住所をご記入いただければ大丈夫です。

後に引っ越しをされるご予定でも、今のご住所をご記入下さい。 住所の変更は移民局へ変更連絡する必要もございませんので ご安心ください。

5.ビザは印刷する必要がありますか?

いいえ、不要です。

特に入国時に紙で提出するよう求められることはありませんので、 スマートフォンなどに保存していただき、いつでも確認できるようにしていただければ 印刷は不要です。

6.クレジットカードを持っていないのですが?

ビザ申請代行フォームにご登録いただくクレジットカードは、 ビザ申請費用のお引き落しにのみ利用されます。

ご家族の方のカードでも問題ありませんので、 どなたかのカードをお借りしてご登録をお願い致します。 移民局では、お振込みでの申請費用支払いをお受けしておりません。

【関連ページ】
こちらもご参考ください!
ホームステイと送迎について
お振込みと学校手続きについて
航空券の手配について

アクティブウーマン留学センターページトップへ