あなたを思い通りにしようとする女性:女の敵は女。あなたを惑わす罠 | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

女の敵は女。あなたを惑わす罠

女の敵は女。あなたを惑わす罠
あなたを思い通りにしようとする女性

「いまさら留学なんて行っても、英語なんて話せるようにならないわよ」

「帰国後に仕事なんてないわよ」

「何か資格がないと仕事なんてないわよ」

このように、さも正しいことのように
さまざまな意見を押し付けてくる人がいます。

この時、相手のほうが人生経験が長いからという理由で
言われたことをうのみにしてはいけません。

相手が提案する人生があなたにとっていいとは限らないですよね。

自分のやりたいこは、必ず自分の目で見極めるようにして下さい。

そうでないと、あとから

「言うことを聞かなければよかった」

と後悔することになり、相手(親を含めて)に対して恨みつらみが出てきます。

基本的に人に依存する人はこの傾向があります。

責めるべきは、いうことを聞いた「自分」です。

相手が反対の意見を押し付けてくる場合があります。

そういった場合、反対という判断の基準は、あくまでその人のものであって
あなたのものではありません。

従って、その人に対して「でも」「だって」と逆らうのは無駄な争いです。

自分と違う意見を聞いたときは
そういう考えの人もいるのか、とさらりと受け流し
「ありがとう。そういうアドバイスをもらえて嬉しいです」
と感謝だけ示しましょう。

アドバイスをもらえたことに感謝をすれば
その内容に同意していることにはなりません。

女の敵は女。あなたを惑わす罠

アクティブウーマン留学センターページトップへ