オーストラリアの仕事について | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

オーストラリア留学・ワーホリオーストラリアについて>オーストラリアの仕事について

 

オーストラリアの仕事について

オーストラリアの仕事について

オーストラリアで留学やワーキングホリデーをする際に、アルバイトをしながら滞在することが一般的です。ひとえに「仕事」といっても留学生にできる仕事とは?そんな疑問を解決していきます。

1)仕事の種類

仕事の種類

オーストラリアでの仕事は主にホスピタリティと呼ばれる仕事がメインです。レストランやカフェでのウェイトレス、キッチンハンドと呼ばれるキッチンのお仕事や、ホテルでのベッドメイキング、英語ができればホテルのレセプションなど接客業務や、マッサージなども人気です。

日本で同業種のお仕事キャリアがあれば、オーストラリアでのオフィスワークや美容師、トリマー、歯科衛生士などのお仕事ワーホリでできます。バリスタは花形ですが、技術よりも英語力が大事、という現場の声が多いです。

2)仕事の探し方

仕事の探し方

お仕事探しはおそらくお店ならば飛び込みが一番多いと思います。お店にたいてい張り紙がしてありますから、「仕事探してるんですけど」と、直接お店の人に話かけて大丈夫ですよ。

また、インターネットや掲示板サイトでもお仕事を探すことができます。また、意外と多いのは「紹介」。留学生はビザの期限があるので必ず退職して帰国します。特にワーキングホリデーはそのサイクルが早く、あまり一つの場所に長居しません。辞めるときは、オーナーさんから「誰か次の子を見つけてきて」と頼まれることが多いので、実は条件の良い仕事は意外と掲示板などに上がってくる前に埋まってしまうことも多いです。

お友達は大事にしましょう。

3)仕事に必要な英語力

仕事に必要な英語力

お仕事探しは到着していきなりは難しいと思います。まずは語学学校で最低限の聞き取りができるレベルや、オーストラリアに慣れた頃に探すと良いと思います。

英語初心者の場合はいきなり接客は難しいので、まずは日本食レストランのキッチンから始めると安心かと思います。日本食レストランと言っても、お客様は外国人が大半を占めているので、ホールで接客するには英語力が必須です。

だんだんと生活をしていくうちに、英語力がついてきて、「ローカル」と呼ばれるオーストラリア人経営のカフェなどへ仕事を変えていく人が多いです。

4)人気の仕事

人気の仕事

やはりカフェが一番人気!バリスタも人気ですが、これには英語力と技術が伴いますので狭き門です。カフェやレストラン、いわゆる「ローカル」と呼ばれているお店は、働く人もオーナーもお客様も全員ネイティブだったりすることが多く、特におすすめは都市部ではなく、ちょっと離れた郊外だと常連さんしかこなかったりするので、なおさら仲良くなり、おしゃべりに花が咲きます。

オーナーもお客さんも優しかった!という人は郊外の自分のシェアハウスの近所で働いている人が多く、こういうタイプの仕事をゲットすると、コロコロ変えずにずっとその場にいる人が多いです。

5)仕事に必要なビザ

仕事に必要なビザ

オーストラリアでのお仕事には学生ビザかワーキングホリデービザのどちらかが必要となります。観光ビザでは仕事はできません。

<学生ビザの就労条件>
2週間で40時間
一つの雇用主の元にずっといられます。


<ワーキングホリデービザの就労条件>
時間制限なし
1つの雇用主の元には最大6か月までとなります。

上記の条件はとても理にかなっていて、ワーキングホリデービザの場合は基本的に1年で、お金をためながら旅をするという体験重視型のビザになるため、ずっと同じ雇用者の元にはいてはいけない仕組み。かたや学生ビザは最低でも6か月~1年の語学留学をしにくる分けなので、「転々」とするビザではありません。そのため、じっくりとその町に腰を落ち着ける人たちなので、ずっと同じ場所で仕事ができます。

アクティブウーマン留学センターページトップへ