オーストラリアの通信手段、気になる6つのこと | アクティブウーマン留学センター

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中
現地で長期滞在する際、お部屋探しやアルバイト探しで必ず必要になる携帯電話やインターネット。
このページではそんな気になるオーストラリアの携帯電話とインターネット事情について、以下の6つの項目に沿ってお話します。

フィーチャーフォンvsスマートフォン
携帯プラン紹介
日本で使っている携帯
国際電話の掛け方
インターネット環境
パソコンは必要?
現地の通信手段日本と同じく、オーストラリアでも
スマートフォンが一般的です。
しかし中にはフィーチャーフォン(以下ガラケー)を使っている方もいらっしゃいます。

ガラケーを使っている方は、電話と簡単なテキストメールだけのために携帯を契約し、インターネットの使用は別のタブレットまたはノートパソコンで行われているようです。

また、現地のガラケーは日本語に対応していないことがほとんどです。

一方スマートフォンを契約すると、電話やSMSを使えるだけでなく、日本で使用しているようなLINEやSkypeのアプリなどもその携帯に入れることができます。
もちろん今持っているアカウントをそのまま使用することが可能となります。

テザリング機能付きのスマートフォンを契約すれば、現在日本で使用中のスマートフォンをWi-Fiでインターネットに接続することもできるようになります。
(*テザリングとは、その携帯電話をポケットワイファイのようにして使い、その携帯電話を経由して他の端末でもインターネットを使う事ができるようにする機能です。)

もちろん通信料はガラケーよりも高くなりますが、その利便性もあり、圧倒的にスマートフォンの方が人気であるといえます。

また、購入時は日本語入出力ができないスマートフォンでも、日本語キーボードをインストールすることによって日本語使用可能となるものが多くあります。
現地の通信手段ここで、ちょっと弊社で手配しているPTCコミュニケーションズ(ぱとちゃん)の携帯プランをご紹介させていただきます。

スマートフォンプランはこちら。
http://activewoman.jp/shiryo/AW_SMplan_20150120.pdf

ガラケープランはこちら。
http://activewoman.jp/shiryo/keitai_white.pdf


人気があるのは、スマートフォンのプレゼントSプランです。
このプランの場合、基本料金月$39(税抜)のお支払で、$9分の通話と、2000MBの通信が可能です。

ちなみに、2000MBとは、LINEの音声通話を40時間つなぎ続けられるくらいの通信量です。
40時間しかインターネットが使えないという訳ではありませんので、ご安心くださいね。

無料分を超過した場合は、上記プラン表の右下の方にある、超過料金がかかってきます。

また、プレゼントプランの場合、長期間継続してご利用いただくと、機種代金が全額返金になるという長期滞在者には嬉しいプランです。

機種代のご返金に必要な契約継続期間は機種によって異なりますが、短いもので5か月からご用意があります。

自分の使い方に合ったプランを選んで、お得にスマートフォンを使いましょう!
現地の通信手段オーストラリアで使う携帯電話は新しく契約するとして、日本で使っていた携帯電話はどうすれば良いのか、これも気になるところですよね。

長期滞在の場合、解約されるという方法もありますが、多くの方は各キャリアの一時休止サービスをご利用されています。

月数百円のサービス利用料がかかりますが、帰国後も渡航前と同じ電話番号を使うことができるので便利です。

手続きの方法は各キャリアによって違いますので、お使いのキャリアのショップ窓口でお問い合わせください。

また、日本でお使いのスマートフォンは、解約されたり一時休止サービスをご利用中でも、
WiFiさえあればインターネットを使う事ができます。

インターネットが使えるという事は、LINEやFacebook、Skypeなど、
インターネット接続さえあれば利用可能なアプリが日本と同じように使えるという事。

便利なので日本の携帯電話も持って行きましょう。
【オーストラリアから日本へ掛ける場合】

0011+81+0を省いた日本の電話番号

例:03-1234-5678の場合

0011-81-3-1234-5678

【日本からオーストラリアへ掛ける場合】
+61-電話番号の最初のゼロをとったもの

例:0421-221-664の場合

+61-421-221-664

+の前には国際ダイヤル番号がきます。
これは各家庭の契約している電話会社で異なります。

たとえば・・・

KDDI 001-010
NTT  0011

国番号の前につける国際ダイヤルは
契約している電話会社へご確認ください。
現地の通信手段オーストラリアでもインターネット環境は十分普及していますが、日本のものように高速&使い放題ではない場合がほとんどです。

そのため、日本にいるときと同じような感覚で動画をダウンロードしたり、写真を沢山アップロードしたりすることはできません。

契約形態によっては通信料が上限を超えると速度制限がかかったり、完全にストップしてしまったりすることもあるので、インターネットの使い方に気を付けてくださいね。

ちなみに、語学学校や図書館、大きなショッピングモールのフードコートやカフェ等、無料WiFiが利用可能な場所も日本と同じくらいあります。

無料のWiFiを上手に使って、通信料金を抑えましょう。
現地の通信手段基本的に、現在日本での生活で、スマートフォンだけで間に合っている という方には必要ないと思います。留学用にタブレットやノートパソコンを購入される必要はありません。

逆に、現在毎日使っておられるかたは、現地購入ではなく日本から持って行かれることをお勧めします。

オーストラリア留学・ワーホリ平均予算について

資料請求・無料相談はこちら

アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。

STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ