オーストラリアでシェアハウスを安全に探す方法 | アクティブウーマン留学センター

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

オーストラリア留学・ワーホリオーストラリア留学女性のオーストラリア留学情報まとめ>オーストラリアでシェアハウスを安全に探す方法

 

オーストラリアではひとつの部屋や家をシェアして安く住むシェアハウスでの生活が、留学生やワーホリの方の滞在先として主流です。

日本人にとってはあまり馴染みのない生活スタイルですよね。
家族ではない誰かと同じ部屋で暮らすなんて、最初はなんとなく抵抗があったり、不安に思ったりすることもあるかとは思いますが、色んな人とのシェア生活はきっと新鮮でいい思い出になると思います。

今回は、そんなシェアハウスの探し方と、確認すべき点等について解説していきます。

基本的なお部屋のタイプ

シェアハウス事情オーストラリアで物件の探し方を解説する前に、まずは4つのお部屋のタイプについて説明させてください。

お部屋タイプ① 【オウンルーム(シングルルーム)】

一人部屋のことです。キッチンやバスルームは他の住人と共用ですが、寝室は1人で使うことが出来ます。
勿論他の部屋より家賃は高くなります。

お部屋タイプ② 【マスタールーム】

その部屋専用のバスルームが付いている部屋のことをいいます。キッチンやリビングなどは共用になりますが、シャワーやトイレはその部屋専用のものになっています。
必ずしもマスタールーム=一人部屋 という意味ではありませんのでご注意ください。

お部屋タイプ③ 【シェアルーム】

一つの寝室を何人かで共有するスタイルです。
友達同士やカップルで住むこともできますが、多くの場合は先に入居していた誰かとのシェアになります。
シェアする相手を自分で探さなくてはいけない訳ではありませんので、ご安心ください。

お部屋タイプ④ 【リビングシェア】

広いリビングの一角をパーテーションなどで簡単に仕切ってベッドを置いているスタイルの事をいいます。
他のお部屋より安い家賃で住むことが出来ますが、プライベートスペースは殆ど無いので、リビングシェアをする場合は短期の滞在やどうしてもお金がない時だけにしたほうが無難かもしれません。

インターネットで物件探し

シェアハウス事情シェアハウス探しは、インターネットを使うのが主流です。
オーストラリアでは物件に関する情報量が多く、新しいものがどんどん掲載されていきます。

インターネットで検索して気に入った物件があったら、
次に見学の予約を行います。

掲載されているページに、連絡先が記載されていますので、よさそうな物件があったらまずは連絡をしてみましょう。

見学をして、気に入ればすぐに契約ができます。
どんな人が住んでいるのか、管理は行き届いているか、周辺環境はどうか等、写真だけでは判断できない部分も多いため、インターネットで見た情報だけで決めないようにしましょう!

日本のように不動産会社を通して、面倒な手続きを行う事はほとんどなく、
オーナーさんに入居の意思を伝え、数週間分の家賃を前払いしたり、保証金を支払う事によって契約が完了します。(手順はオーナーさんによって異なります)

日系サイトでは日豪プレス、地元サイトではGumtreeを使う方が多いようです。

日豪プレス オーストラリア生活情報サイトはこちら
オーストラリア人気の掲示板サイト「Gumtree(ガムツリー)」はこちら

また、日系のものは各都市の掲示板もありますのでチェックしてみてください。

掲示板や友達、学校で情報収集

インターネットより情報量は少ないかもしれませんが、学校の掲示板にルームメイト募集の広告が貼ってあることもあります。

自分や自分のルームメイトが出て行くタイミングで生徒達が出しているものなので、インターネットで探すより、学校の近くのお部屋や勉強しやすい環境のお部屋等、自分の希望にあったものを見つけやすいかもしれません。

まずは場所を下見

シェアハウス事情いいお部屋を見つけたらまずは電話またはメールで見学予約をして、物件を直接下見に行きましょう。

下見に行く際は、友達と一緒に行くことをお勧めします。
また、下見に行った際、チェックするべきポイントには以下の様なものがあります。

・ 交通の便
・ 周辺施設(スーパーやコンビニ等)
・ 騒音、日当たり
・ 家のルール(共用スペースの使い方や掃除当番など)
・ インターネット等の設備
・ キッチンやバスルームなど、共用スペースが綺麗に保たれているかどうか
・ 自分が自由に使えるスペース(部屋の他にも、棚や冷蔵庫など)

このような項目に加え、実際に見学してみて気になったことは全て質問しておきましょう。

どんな住人がいるか確認

シェアハウス事情シェアメイトの人数やどういったライフスタイルの人が住んでいるのかを確認することも大切です。

朝4時に起きて仕事に行く人や昼間は寝ていて深夜に働く人もいます。

シェア生活である以上、ある程度は仕方のないことではありますが、どちらかと言うと自分と似たような生活パターンの方が住んでいるお家の方が、お互い暮らしやすいかもしれませんね。

家賃費用を確認

後からトラブルにならないためにも、お金のことは初めにきちんと整理しておきましょう。確認するべき点は次の5つです。

・ 週の家賃
・ ボンド(住み始める時にわたす保証金)
・ 公共料金
⇒公共料金は家賃に含まれている場合が多いのですが、請求書が届いた後にみんなで割り勘するという形をとっている家もあります。
・インターネット料金
⇒インターネット料金も家賃に含まれている場合が多いのですが、別料金がかかるお部屋もあります。
・ 生活必需品にかかる料金
⇒食器用洗剤やトイレットペーパーなど必ず全員が使うものについては、①みんなで共同購入している場合、②オーナーさんが出してくれている場合、③個人で購入している場合がありますので、そこも確認しておきましょう。

退出時の条件を確認

シェアハウス事情入居を決める前に退出時の条件も聞いておきましょう。確認するべき点は次の2つです。

・ 最低入居期間

大体のお部屋は最低入居期間が決められています。
期間内であっても次に契約を引き継いでくれる人を自分で見つけてくればOKというところもありますし、 期間内に退去したらボンドを何割か返してくれないというオーナーさんもいますので必ず細かいところまで確認しておきましょう。

・ 退居の何日前に報告が必要か

その部屋を出ていく場合、2週間前に知らせるのが一般的ですが、これも家ごとに異なります。

まとめ

オーストラリアでシェアハウスに住む場合、日本では考えられないくらい簡単に引っ越しが出来ます。

1つの場所に留まるのもいいかもしれませんが、転々として色んなシェアメイトと生活を共にするのも楽しいかもしれません。
色んな国の、色んなバックグラウンドを持った人たちと生活してみると、時々面白い発見もあります。
お互いに自国の料理を作りあったりするのも楽しいですよ。

希望に合ったお部屋が見つかるといいですね!

オーストラリア留学・ワーホリ平均予算について

資料請求・無料相談はこちら

アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。

STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ