オーストラリア留学に必要な費用・予算

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

オーストラリア留学で1年間に必要な費用・予算

オーストラリア ワーキングホリデー・留学に必要な費用

オーストラリアに語学留学やワーキングホリデーに行こうと思った時に、考えなくてはいけない問題のひとつが留学に必要な費用です。
費用の中で大きい比率を占めるのが語学学校の授業料ですが、オーストラリアの語学学校では授業料が安い学校から、高い学校まで非常にたくさんの学校があります。また、一概に留学費用といっても学費だけではありません。


宿泊費や食費、交通費などの生活費である「滞在費用」、ビザ申請や航空機代、海外留学保険費用などが含まれる「渡航関係費用」も必要です。


また、ワーキングホリデーで行く場合、学生ビザで行く場合とでは初期費用(留学前に準備する費用)も大きく異なります。


ここでは、留学のタイプ別に半年や1年間の滞在でどれくらいの費用を準備する必要があるのか、留学手配の諸費用、相場金額、お金に関わる注意すべきポイントについて詳しく解説します。


学生ビザで語学学校に6か月間行く場合の費用

留学初期費用は160万円が相場です。

学校24週+ホームステイ4週の場合

費用内訳 予算
学校+ホームステイ 約95万円
ホームステイ退出後の生活費 約50万円(10万円×5か月)
保険6か月 約8万円
片道航空券 約8万円
合計 約160万円
※金額は1ドル85円の場合での計算です。

学生ビザの場合は、一般的には6カ月以上の受講で1カ月、10カ月以上の受講で2カ月、就学後に政府から「ホリデー」というビザがおまけでついてきます。

ですので留学期間+1~2カ月の滞在が可能です。

もちろんその間も仕事ができるので、ファームへ住み込みしたり、ラウンドに出たり「ワーホリ」のようなことも可能です。

学生ビザでは週20時間のアルバイトも可能です。ホリデー中は時間制限はありません。

生活費をアルバイトでまかなうことも可能です。

オーストラリアのアルバイト事情

学生ビザで語学学校に1年間行く場合の費用

留学初期費用は250万円が相場です。

学校242週+ホームステイ4週の場合

費用内訳 予算
学校+ホームステイ 約190万円
ホームステイ退出後の生活費 約110万円(10万円×11か月)
保険1年 約17万円
片道航空券 約8万円
- バイトによる収入 (約70万円)
合計 約250万円
※金額は1ドル85円の場合での計算です。

ワーキングホリデービザで1年間行く場合の費用

ワーホリで行く初期費用は130万円が相場です。

学校17週+ホームステイ4週の場合

費用内訳 予算
学校+ホームステイ 約70万円
ホームステイ退出後の生活費 約30万円(10万円×3か月)
保険1年 約17万円
片道航空券 約8万円
生活費(アルバイトが見つかるまで) 約15万円
合計 約130万円
※金額は1ドル85円の場合での計算です。

ワーキングホリデービザは期限1年で滞在条件はありませんが、学校へは4カ月(17週間)しか通学することができません。
ワーキングホリデーの場合、学校卒業後は仕事をしながら生活をしていきますので130万円はあくまで最初の4か月の初期費用です。

また、学校を卒業したら別の町へ移動するのが一般的です。

ずっと一つの町にいるわけではないので、とりあえず到着する町という気軽な感じで考えて下さい。

学生さんは卒業後に仕事探しをする場合が多いです。

いきなり仕事が見つかるかどうかわかりませんので、1.5か月間収入がない場合でも安心して生活できる費用として、15万円を見積もりに入れてます。

でも、必ず仕事は見つかりますし、ほとんどの人が1年間しっかりと暮らしておりますのでご安心下さいね。

オーストラリアの仕事について

ワーキングホリデービザについて詳しくはこちら

ワーキングホリデー(ワーホリ)とは? プロが教える完全ガイド

あなたに合うビザはどっち?

ワーキングホリデービザと学生ビザの大きな違いは「目的」です。

ワーキングホリデービザは期限1年で滞在条件はありません。その代わり学校へは4カ月しかいけません。

学生ビザはすきなだけ就学できますが、学校卒業したら帰国となります。

ですので、いろいろな町を旅をしながらたくさんの経験をしたい、という場合はワーホリ。

しっかり一か所で英語を勉強したいなら学生ビザ、という感じです。


オーストラリア留学に必要なビザと費用・申請方法

オーストラリア移民局はこちら

留学中お金の準備ってどれくらいすればいい?

留学中のお金の話、どのくらいあれば行けるのか、何にどのくらいかかるのか、出来るだけ節約する方法は無いのか等…一番気になるところですよね。

まずは、留学の手配にあたる個別の諸費用の相場金額を押さえておきましょう。

ビザ申請料金
項目 相場金額
学生ビザ $550
ワーキングホリデービザ $440
観光ビザ 1000円前後

航空券料金
項目 相場金額
片道 6万円~9万円
※渡航都市やご予約のタイミングによって若干異なります

語学学校にかかる費用
項目 相場金額
入学金 $200~$250
学費 $350~$380/週
教材費 $10程度

生活費
項目 相場金額
ホームステイ4週間 $850~$1000
空港から滞在先までの送迎費 $120~$160
ホームステイ終了後の生活費 月10万程度

保険料
項目 相場金額
1年分 20万円程度

オーストラリアでは、生活費を安くできるシェアハウスでの生活が、留学生やワーホリの方の滞在先としても人気です。

オーストラリアでシェアハウスを安全に探す方法

留学中にどれくらいのお小遣いが必要?

留学のお金準備 留学費用の多くを占めている学費や飛行機代、最初のホームステイ料金などは日本にいる間に払っていますので、お小遣いとして必要なのは自分が外食したい時の費用や交通費、その他、携帯電話やインターネットなどの雑費などです。

通学費用の有無や生活スタイルによっても異なりますが、 多くの留学生たちは節約をしながら生活しており、 頻繁に外食に行ったりするよりも、マーケット等で手に入れた新鮮なお野菜などで自炊をしています。

あまり贅沢をし過ぎなければ、月3万から5万程度あれば安心なのではないかと思います。

オーストラリアの通信手段、気になる6つのこと

留学中にアルバイトはできる?

留学のお金準備 オーストラリアでは、ワーキングホリデービザの方は勿論のこと、学生ビザの方も週20時間までならアルバイトをすることが可能です。 

現地についてからすぐにアルバイトを始めるのは難しいかもしれませんが、
学校生活にも慣れ、ある程度自分の行動範囲の土地勘が掴めてきた頃からアルバイトを探し始めるといいと思います。

昼間は学校に通って放課後はバイトという学生さんや、平日は勉強に専念して週末はバイトという学生さんは沢山いますよ。

オーストラリアへワーホリ留学した時のアルバイト探し6つの基礎知識

日本のお金はどうやって持っていく?

留学のお金準備 お金を持って行くには、大きく分けて3つの方法があります。

① 現金

少額の場合はこの方法でも大丈夫なのですが、あまり額が大きくなると安全面も考慮して現金を持ち歩くのは避けたほうが良いかと思います。

日本円を持って行って現地の両替所で交換することもできますし、日本で交換して行くことも可能です。

② キャッシュパスポート

キャッシュパスポートに日本円をチャージしておくことによって、現地のATMから豪ドルで引き出すことが可能です。現地の銀行口座を開設していなくても利用することができます。

入金しておいて使いきらなかったお金は、帰国後に返金してもらうことも可能です。

③ 送金

予めご家族に頼んでおいて、日本から送金してもらう方法です。
この方法には現地の銀行口座が必要となりますので、送金を予定している場合は、早めに銀行口座を開きに行きましょう。

上記の他に、クレジットカードを使うという方法もありますが、クレジットカードを使ってATMから現金を引き出す場合は毎回手数料がかかります。

また、JCBやAMEXは受け付けていないお店も多いので、VISAかMasterCardがお勧めです。
持って行く金額が大きい場合は現金を持ち歩くのではなく、②のキャッシュパスポートや③の銀行送金などを利用しましょう。

オーストラリアの銀行口座開設・解約・送金方法・お金のもっていき方

日本にお金は残していくべき?

留学のお金準備 念のため少しは残しておきたい! という気持ちも良く分かりますが、オーストラリアのアルバイトの時給は日本よりも良い場合が殆どなので、英語力をつけ、頑張って働けば日本で正社員をしている以上に稼ぐことも可能です。

アルバイト先の中には、土日にダブルペイ(給料2倍)、祝日はトリプルペイ(給料3倍)なんてところもあります。

ワーホリで渡航した方で、最終的には何十万も貯金して帰国したという方も時々いますので、渡航前に帰国後のお金のことを過剰に心配する必要はありません。

まとめ

オーストラリアにワーキングホリデー、語学留学に行く場合にかかる費用や相場などお金に関わる内容を解説しましたが、始めて計画を立てるときには、何にどれだけのお金がかかるのかも良く分からず、今考えている予算で実行できるのかどうかという事も含め、不安に思われることもあるかと思います。

アクティブウーマンでは、留学費用の無料見積もりも行っておりますので、
もし行きたい期間や都市等が既に何となく決まっている、どのくらいの予算で行けるのか知りたいという方は、下記のページから是非お見積もりをご依頼ください。

留学費用お見積りフォームはこちら

メールにてお返事をさせて頂きます!

資料請求・無料相談はこちら

アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。

STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ