女性のオーストラリア留学情報、徹底解説

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

女性のオーストラリア留学情報、徹底解説

女性のオーストラリア留学情報、徹底解説

20代の女性たちにとって、留学とは大きな決断です。

オーストラリアに留学したいけど、何から始めればいい?
何を準備すればいい?英語ができなくても大丈夫?語学学校はどうやって決めるの?英語力はどれくらい必要?費用、ビザ、保険、20代だけどクラスで浮かない?など、不安もたくさんあると思います。

過去3000名以上の女性たちをオーストラリアに送りだしてきたアクティブウーマン留学センターが、英語を学びたい、語学留学を考えている全ての女性たちに役立つ情報を徹底解説します。

オーストラリアの基本情報

オーストラリアの基本情報

オーストラリアは南半球・オセアニアに分類される総面積世界第6位の国です。その大きさは日本の20倍あると言われます。18世紀からはイギリスの植民地となりましたが、それ以前は先住民族のアボリジニーが住んでいました。
オーストラリアの正式名称はCommonwealth of Australia。
留学生や観光客が日本から訪れているほか、ワーキング・ホリデー協定を最初に締結した国(1980年)でもあります。ワーホリのパイオニアです。

オーストラリアは人口約2,460万人。
6つの州とその他の特別地域に区分されています。
宗教はキリスト教52%、無宗教30%。住民の80%以上がヨーロッパ系の白人であり、その他にアジア人が約12%、アボリジニーなどが約2%となっている。移民は全体の約2割です。

オーストラリアの基本情報、人口や州データ、文化の特徴について

オーストラリア留学のメリット

オーストラリア留学のメリット

オーストラリアは、留学・ワーキングホリデー先の国として多くの魅力やメリットがあり、絶大な人気を誇る国です。 その特徴をご説明します。

1 気候と自然が豊かで世界遺産や観光スポットが多い

オーストラリアは、気候が穏やかで過ごしやすい国です。1年中夏の都市や、四季のある都市など、様々です。

シドニー以北の都市では、通年暖かい気候ですし、メルボルン付近では、夏は暑く、冬は寒く、日本と同じように四季があり、それぞれ好みの場所を選ぶことができます。

また、豊かな大自然に恵まれた国立公園や世界遺産などが点在し、観光スポットなど見どころ満載です。
いつも豊かな自然を傍に感じられることは、オーストラリアの大きな魅力の1つです。

2 他民族国家でフレンドリー国民性

オーストラリアは多くの移民が暮らす多国籍・他民族国家として成長してきました。
ヨーロッパ、アフリカ、中国・アジア、北米・南米などたくさんの移民があり、多くの国から留学生を受け入れています。そのため、英語を学びに来ている留学生にとても理解があります。フレンドリーで暖かな国民性も、オーストラリア留学の魅力です。

3 多様な都市があり、自分に合った留学先を見つけやすい

オーストラリアは都市ごとに同じ国だとは思えないほど特徴や雰囲気がことなります。

都会的でおしゃれな、シドニーやブリスベン、メルボルン。
自然が多く南国的なケアンズ、海が近いゴールドコーストやパース、バイロンベイなど、もちろん、学校の都市によって雰囲気やコースも異なり、理想の留学生活を、必ずどこかの都市が叶えてくれるのが、オーストラリアです。

4 治安がよく仕事が豊富

オーストラリアは日本と同等に治安も良く、銃を持たない社会であることや、野外での飲酒に対する罰則があることも治安のよい理由です。女性にとって治安の良さは大きなメリットです。また、ワーキングホリデービザの発給数が世界一であり、働き口が多いのは留学生にとっても非常にメリットが高いと言えます。

5 日本からアクセスバツグンで日本人も多い

オーストラリアは、日本から直行便で7時間半で到着します。また時差も1時間しかありません。アクセスが便利なのも人気の理由です。
日本人にも人気の国なので、留学先には日本人も多く、現地で多くの日本人と知り合うことができます。
日本人が少ない地域を考えている方にとっては逆にデメリットとなりますが、その場合は、日本人の少ない留学先をしっかりご案内させていただきます。

オーストラリアが留学先として人気な7つの理由を詳しく解説


オーストラリアのビザについて

オーストラリアのビザについて

オーストラリアで留学するには、「ワーキングホリデービザ」または「学生ビザ」が使えます。
(3か月未満の短期の場合、観光ビザでの渡航も可能です)

ではこのビザの違い、どう選べばよいのでしょうか。
それは、渡航の目的次第です。

ワーキングホリデービザ

ビザの期限は一年です。
学校には17週間までしか通うことはできないので、そのあとは旅をしたり仕事をしたりしながら滞在します。

学生ビザの場合

ビザの期限に制限は特にありませんが、学校へ通うことが条件となります。
ただしオーストラリアの場合、学生ビザでもアルバイトすることが可能です。

  • ・色々な街を旅しながら1年間の経験を重視したいならワーキングホリデービザ
  • ・しっかり英語をマスターしないなら、学生ビザ

どちらが目的に合っているでしょうか?

学生ビザでまずはしっかりと英語を勉強し、そのあとにワーキングホリデーに切り替えて再渡航するのもお勧めですよ。

オーストラリアのビザの種類と申請方法

オーストラリアの留学費用について

留学費用について

オーストラリア留学に必要な費用は、学校(授業料)費用、生活費、航空券、保険です。
学校に何週間通うかによって留学費用は大きく異なります。

・学生ビザで就学6か月の場合 ⇒ 約160万(1ドル85円の場合)
・学生ビザで就学1年の場合 ⇒ 約250万(1ドル85円の場合)
・ワーキングホリデービザで就学4ヶ月の場合 ⇒ 約130万(1ドル85円の場合)

留学費用には通常、留学期間すべての生活費を含めません。
オーストラリアの学生ビザはアルバイトができますので、学校へ行きながらアルバイトで生活費をまかなう事が可能です。オーストラリアは世界的に時給が高くて有名。時給16ドル程度が基本となり、週末は1.5倍~2倍になるところが多いです。

オーストラリア留学・ワーホリ平均予算についてさらに詳しくはこちら

留学渡航都市はどうやって決める?

渡航都市はどうやって決める?

留学プランを迷わず決めるコツは、留学先の渡航都市を最初に決めることにあります。
オーストラリアは世界で6番目に面積の大きい国。
各都市で気候や雰囲気が全く違います。

まずは、7都市の中から、住んでみたい場所を見つけましょう。

次の中から、自分に合う3~5つの項目を選んでください。

  • ①自然が好き
  • ②都会が好き
  • ③おしゃれな街が好き
  • ④賑やかな街が好き
  • ⑤海のそばに住みたい
  • ⑥寒いのが苦手
  • ⑦アートが好き
  • ⑧のんびりした街が好き
  • ⑨こじんまりした街が好き
  • ⑩サーフィンがしたい
  • ⑪ヨガがしたい
おすすめの都市 好みの項目
ケアンズ ①自然が好き・⑤海のそばに住みたい・⑥寒いのが苦手
シドニー ②都会が好き・③おしゃれな街が好き・⑤海のそばに住みたい
ゴールドコースト ④賑やかな街が好き・⑥寒いのが苦手・⑩サーフィンがしたい
ブリスベン ②都会が好き・⑥寒いのが苦手・③おしゃれな街が好き・⑨こじんまりした街が好き
メルボルン ③おしゃれな街が好き・②都会が好き・⑦アートが好き
パース ⑧のんびりした街が好き・⑨こじんまりした街が好き・③おしゃれな街が好き・①自然が好き
バイロンベイ ⑩サーフィンがしたい・⑪ヨガがしたい・③おしゃれな街が好き・⑨こじんまりした街が好き

オーストラリアの各都市について、詳しく解説しています。
好みの留学渡航先を見つけてください。

留学生のため、オーストラリアの都市・地域情報一覧はこちら

語学学校はどうやって決める?

学校のコースはどんな種類がある?

海外留学の充実度は、語学力で決まります。
英語が話せないと、友達の輪も広がりませんしやりたいアルバイトもできません。

自分にピッタリの語学学校を見つける必要があります。

ここでは、学校を選ぶ際に基準となる4つのポイントをご紹介します。

  • ① 落ち着いた雰囲気の学校 or 賑やかな雰囲気の学校
  • ② 日本人比率の低い学校 or 国籍比率は気にしない
  • ③ 日本語の通じるスタッフがいる学校 or いなくても大丈夫
  • ④ 小規模の学校 or 大規模の学校(国内に複数のキャンパスがあり、転校可能)


基本的には上記の4つです。

オーストラリアの語学学校では大学と違い、この学校にあってこの学校にはない、という学部のようなものがありません。
ですので、学校のサポート力や、アクティビティの力の入れ方、立地や日本人スタッフの有無などを考慮してアドバイスをしています。

語学学校のご相談も、私たちカウンセラーの大事なお仕事のひとつ。

以下は各都市ごとのおススメ学校です。
サポート力、先生の質、学校の立地などを総合して、お客様のフィードバックの高いものばかりですので、どの学校へ行ったとしても必ず満足していただけるはずです。

オーストラリア語学学校・専門学校一覧はこちら

オーストトラリアの語学学校は多くが18歳以上からの年齢制限がありますが、上限はありません。そのため、そのほとんどが社会人。20代で留学なんて、、、と思っていったら、20代だらけだった!ということに驚くと思います。

英語はどれくらいで話せるようになる?

英語はどれくらいで話せるようになる

留学の不安として、実際に英語がどれくらいの期間で話せるようになるのか気になるところですよね。一般的な英語習得のイメージをお伝えします。

初心者はまずは一般英語からスタート。英語でコミュニケーションが取れるレベルにもっていくのが一般英語コースの目的です。

ですので、会話中心の授業が多く、日本の受験勉強のような英語の覚え方とは全くことなり、実際に使っていく場面を練習するので、ロールプレイや、ペア、グループでのワークが多く、話す時間がとても多いのが特徴です。

一般英語を6か月~9か月ほど習得すると、英語で自分の言いたいことはある程度言えるレベルになってきます。その次に目指すのは「アカデミック」と言われるレベル。

英語を使って説明ができるか、相手を説得できるか、きちんとした文法を使えているか、 どの程度の単語力があるか、という技術を鍛えていきます。
このアカデミックレベルを習得すると、2000文字程度の英語のエッセーを書けるようになり、Eメールのような長い文章も書けるようになります。

また、英語の小説なども読めるようになり、だいぶ英語力に自信がついてきます。
9か月目からケンブリッジ検定コースを受講して、現地で受験して帰国するのが語学留学の完成形の理想です。

英語初心者の状態、例えば、イエス、ノーくらいしか言えない、という方でも、6か月で簡単な販売の仕事ができるくらいには上達します。

そして1年になると、外国人の親友やクラスメイトと冗談を言い合えたり、相談にのったり、込み入った話ができる。それが1年後の目安です。

学校の入学日やクラス決め

学校の入学日やクラス決め

語学学校に決まった入学日はありません。
毎週月曜日に入学できるので、開始日は自分で自由に設定することができます。受講期間は週単位ですが、英語をある程度話せるレベルになるまで最低でも6か月はみておいて下さい。

また、夏休みなどのまとまった休みもありません。学校は年に一度、年末のクリスマス休暇の間、1~2週間閉まるだけで、あとはずっと開いています。休みが欲しい際は自分で休暇申請をします。

このような感じでかなり学生ごとに受講開始日も卒業日も休みも異なるのが語学学校です。

クラスはどうやって決める?

クラスは英語力に応じてかわります。毎週月曜日に世界中から新入生がやってきます。 まずは月曜日に筆記やスピーキングなどのレベルチェックテストを行います。そのレベルに応じてクラス分けをしていきます。

英語が全くできないけれど授業についていけるか不安、という方も多いかもしれませんが、初級の方には初級のクラスと先生がきちんと用意されています。

同じレベルの人だけが集まって、レベルにあった授業をしていきますので、自分だけ取り残されたり、ついていけない、ということはありませんので、ご安心下さいね。

だんだんと上達して上のクラスに上がっていくと、初級クラスの子たちを微笑ましく見る日が必ずきますよ。

学校のコースはどんな種類がある?

語学学校のコースの種類は基本的に以下の3つです。

  • 1)一般英語コース
  • 2)IELTS準備コース
  • 3)ケンブリッジ検定コース

上記を基本に、TOEIC、ビジネス英語、発音などのオプションがついてきます。

留学滞在先はどうやってきめる?

滞在先は、まずは日本からホームステイまたは学生寮の手配をしていきます。シェアハウスは現地で内見をしながら自分で探していきます。

ホームステイの場合

社会人の留学の場合は、ホームステイの予約期間は最初の1か月だけが基本です。

お友達ができると自由な生活がしたくなるし、シェアハウスを見つけることは簡単なので、1か月ホストファミリーにお世話になっている間に、シェアハウスを見つけていきます。私もホームステイは大好きです。写真は45歳の私がホームステイをした時の写真ですが、家族でテニスをして最高に楽しかったです!

ホームステイの場合

学生寮の場合

学生寮はその学校の学生だけに用意されている場合が多く、また敷地内に3食付きの学生寮があったりします。そのため、寮の場合は途中で退去することはあまりありません。最後の1か月をホームステイをつける方も多いです。ネイティブの生活を体験するにはまたとないチャンスなのでおススメです。

オーストラリア留学・ワーホリのホームステイで注意してほしい9つのこと
オーストラリアでシェアハウスを安全に探す7つの方法

海外留学生保険や公的手続きについて

海外留学生保険や公的手続きについて

海外留学保険は、絶対に加入が必要です。留学中には何が起こかわかりません。自分自身を守るためにも必ず何か1つ、加入しましょう。
自分で保険会社を選んで加入する際は、キャッシュレスで医療が受けられるか、物損や盗難の補償があるか等のポイントをチェックしましょう。

また、渡航前には、海外転出届や国民健康保険、住民税、年金など公的手続きも済ませておかなければなりません。

オーストラリア海外留学生保険や公的手続きについて

留学生保険についてよくある質問まとめ

アクティブウーマン留学センターについて

女性の留学準備ならお任せ下さい!

こんにちは。アクティブウーマン留学センターの桜井です。いかがでしたか?
オーストラリアの語学留学について必要な知識をお話させて頂きましたが、実際にセミナーに来てみたり、応援ブックを取り寄せたりして、ぜひ一緒に留学へ向けの準備を進めていくお手伝いをさせて頂ければと思います。

平日と週末にほぼ毎週セミナーを開催しています。初めての留学準備に必要な都市の紹介、学校の選び方、生理用品やコンタクトレンズなども持ち物の話まで、幅広い情報収集ができますよ。

キックオフセミナーで仲間づくり

キックオフセミナーで仲間づくり

キックオフは文字通り、オーストラリア留学へ向けての最初の一歩を飾るセミナーです。こちらは渡航がすでに決まった方が直前に集まって準備確認をしたり、連絡先の交換をしたりするセミナーです。ここで仲良くなった子たちと、大親友になって何年もずっと連絡を取り合っている、という女性たちも多いです。同じ学校へ行く人も見つかりますよ。

女性の留学準備セミナー開催中!

女性の留学準備セミナー開催中!

オーストラリア留学に必要な情報収集ならまずはこのセミナー!

女性の留学には持ち物や現地生活含めて悩みが多いもの。私たちは女性専門のオーストラリア留学のプロとして3000名以上の女性のサポートをしてきました。
初めての海外生活。なにもかも不安だらけ、分からないことだらけ。そんな女性たちに留学の基本事項、都市の違いや、費用などを写真つきで分かりやすく説明しています。

留学セミナー情報を見る

書店では手に入らいない情報が満載!
応援ブック無料プレゼント

応援ブック無料プレゼント

そして留学準備セミナーにこれない方やおススメ学校、自分にあった都市を知りたい方は、以下の現地にいる留学女子たちと一緒に作った応援ブックをぜひお取り寄せ下さい。

無料でご自宅へ郵送しています。都市や学校の決め方、ビザ、予算や留学の1日の流れなど、知りたいことが全部書いてあります!多くの女性たちが、この応援ブックを握りしめて渡航されます。みんなのバイブルになることを願っています。

留学応援ブックを無料プレゼントオーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム

資料請求・無料相談はこちら

アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。

STEP1 資料請求STEP2 ワーホリ・留学セミナーSTEP3 渡航前カウンセリング
アクティブウーマン留学センターページトップへ