オーストラリアへワーキングホリデーへ行った際の注意点とは?

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順
資料請求はこちら
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
過去のお客様の声 ご来店予約
現地レポート お客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
ワーキングホリデー(ワーホリ)とオーストラリア留学の無料エージェント>ワーキングホリデー>オーストラリアでのワーキングホリデー中の注意点

オーストラリアでのワーキングホリデー中の注意点

在留届と各種証明書は用意しましょう

ワーキングホリデーで英語をスキルアップさせる秘訣

オーストラリアにワーキングホリデーをする前には、
日本国内でも色々な手続きが必要でしたが、オーストラリアに到着した後も、
しなければならない手続きがあります。

その中でも、真っ先に行わないといけないのが、在留届と納税者番号(タックスファイルナンバー)の発行です。
ここでは、この2つの手続きについて見てみましょう。

まず、在留届です。この在留届は、オーストラリアだろうが他の国だろうが、
海外に3ヶ月以上滞在する場合は、必ず届出をしないといけません。

ワーキングホリデー目的で渡航した場合は、3ヶ月以上滞在することになるので、
在留届の対象となります。在留届は、日本大使館もしくは領事館に届出をします。
オンラインからの提出が可能です。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

この在留届を提出することによって、災害や紛争などが起こった場合、安否の確認が取れます。ニュースなどで海外の災害や紛争の状況について報道される際、日本人の安否のことについても報道されますが、実はこの在留届が役割を果たしているのです。

そして、納税者番号(タックスファイルナンバー)です。

この納税者番号は、オーストラリアで仕事をする際に必要になります。
ワーキングホリデーも就労する以上、納税の対象です。

仮に納税者番号が必要ない職場もありますが、申請から取得まで1ヵ月程度かかるため、
早めに申請を行っておきましょう。

ワーキングホリデー中の携帯とパソコンの利用について

ワーキングホリデー中の携帯とパソコンの利用について

ワーキングホリデー中に、就業先や友人などと連絡を取ることは、よくあることです。
また、パソコンも携帯同様、現在の生活で毎日使っているという人には必要なものです。
携帯もパソコンも必要だと感じて調達するより、予め用意しておくほうが良いでしょう。

今回は、オーストラリアで携帯やパソコンを使用する場合に、
どういう点に注意したら良いのかについて学んでみましょう。

まずは携帯電話です。
携帯電話については、オーストラリア現地の携帯電話を購入するのがお勧めです。
滞在予定期間が短い方の場合はレンタル携帯を利用するのがおすすめです。

オーストラリアのレンタル携帯の中には、日本で契約できたり、日本語のメールに対応できるものもあります。

最近は国際対応している携帯も多いため、通常利用している日本の携帯を現地で使用すればいいのでは?と思う方もいると思います。

しかし、日本の携帯をオーストラリアで使うということは、常に国際電話をしているようなもので、それだけで通話料金が高くついてしまうのです。

国際電話や、国外で使うインターネットの料金は、決してばかにできないほど高いのです。そのため、いくら現在お持ちの携帯電話が海外で使えるからと言っても、
日本の携帯をオーストラリアに持ち込んで使うのはおすすめできません。

次にパソコンの使用です。
普段の生活で、携帯電話だけあれば十分だという方は持って行く必要はありません。
語学学校にも常設のものがあるため、そちらを借りることもできます。

ただ、自分のパソコンがあると、デジカメで撮った写真を保存したり、音楽をダウンロードしたり、英語の勉強に活用できたりと、利便性が増します。

ただし、持ち運びが面倒だったりというデメリットはありますので、
本当に必要かどうか、よく考えてから準備しましょう。
現在の生活で必要としていないのに、渡航のために新品を購入する必要はありません。

お給料を振り込む銀行口座はオーストラリアで作りましょう

お給料を振り込む銀行口座はオーストラリアで作りましょう

オーストラリアでワーキングホリデーをする以上、殆どすべての人が現地でアルバイトをすることになるはずです。
そうなると、銀行口座を作ることを視野に入れないといけません。

渡航前に日本国内で銀行口座を作ることもできますが、
手数料に数千円かかってしまうので、オーストラリアに渡航した後に現地で作りましょう。
オーストラリアで手続きをすれば、無料で開設が可能です。

銀行口座を開設するためには、パスポートが必要ですが、
窓口でこちらを提出するだけで、比較的簡単に開設することが出来ます。
専用の記入用紙が渡されるので、それに必要事項を記入し、入金用の現金を窓口に預けます。

手続きから約1週間で、銀行からキャッシュカードが届き、
この後所定の手続きを済ませれば、引き出しなども可能になります。

頑張って働いたのに、現地でお給料を手にするのが遅くなるのは、ちょっと残念ですよね。
銀行口座は早めに用意しておきましょう。

ワーキングホリデー中に病気になったら・・・

ワーキングホリデー中に病気になったら・・・

ワーキングホリデーをしている最中、何の病気にもかからず、
健康な状態で過ごすことができれば、それに越したことはないですが、必ずしもそうはいきません。

オーストラリアという慣れない国で、ある程度長期に渡って過ごすのですから、
それなりに精神的にやられることもあります。

そのせいもあって、オーストラリアに滞在中、体調を壊してしまうこともあります。
もし病院に行くことになったら、渡航前に加入した保険のサポートデスクに電話をしましょう。

保険対象内で治療ができるかどうかという事や、
キャッシュレスで医療を受けられる病院を確認することが出来ます。

また、病院によっては、日本語でのコミュニケーションが堪能なスタッフが勤務している場合もあります。日本人が比較的多い場所では、病気に関する英語でのコミュニケーションが難しいことを考慮して、日本語で対応してくれる場合もあるのです。

慣れない英語では厳しいという方にとっては、非常におすすめです。

いざという時のために、領事館と大使館の場所は把握しましょう

いざという時のために、領事館と大使館の場所は把握しましょう

ワーキングホリデーでオーストラリアに渡航した際、ずっと無事でいれば問題ないですが、国内海外問わず、日常生活においては、何があるか分かりません。

いきなり大地震がきたり、台風がきたり、そういう可能性も決して否定はできません。
そのような災害や事件がオーストラリアで起こると、
日本にいる家族や友人は、非常に心配になることでしょう。

また、オーストラリアにワーキングホリデーをしている本人も、非常に不安になってきます。そのような時のために、領事館と大使館について知っておけば、何かと安心です。
ここでは、領事館と大使館についてお話します。


大使館や領事館は、別名日本公館とも言われています。

これらの日本公館が、海外に足を運んだ人たちの安否について確認を取る役割を持っています。日本の法律と海外の法律は違いますから、法律問題で対処が必要な場合も、日本公館が日本人の権利を守るように動いてくれるのです。

また、犯罪に巻き込まれた場合も、日本公館にお任せすれば、まず大丈夫でしょう。
この日本公館の役割は、私達が想像している以上に大きいのですが、
一番身近なのはパスポートを紛失したり盗まれた場合です。

パスポートをなくした場合は、領事館もしくは大使館のいずれかに足を運べば、
再発行の手続きをしてくれます。
もしもの事態は、いつ起こるか分からないですが、そういう緊急の時のために、
日本公館の連絡先をどこかにメモしておくことをおすすめします。

オーストラリアの交通事情

オーストラリアの交通事情

オーストラリア内を移動していると、特に市街地では、公共の交通を利用する機会が多いことに気づきます。バス、電車、船、トラムなど、どの乗り物も気軽に利用することができますが、日本の交通手段とはやや特徴が異なっているので、ここではその注意点についてお話します。

まずは、バスの場合です。バスは、公共の乗り物の中でも、最もポピュラーな乗り物です。というのは、バスは様々な乗り物の中で最も広範囲をカバーしているからです。

最近はどの都市でも、プリペイドカードにお金をチャージし、
バス停などでタッチすることで運賃の支払いを行う事ができます。

日本のバスとの違いは、たとえバス停で待っていても、バスに向かって手を振らないと、バスは止まってくれません。

また、日本のように、車内でのアナウンスは全くありません。この点が最も戸惑うところなのですが、こればかりは慣れるしかないので、予めどこで降車するのかを自分で確認しておくしかありません。

降車場手前になったら降車ボタンを押せば、降りることができます。

次に、電車の場合です。日本の電車は、駅に到着したら無条件でドアが開きますが、オーストラリアの電車は、降りるときも乗る時も、開閉ボタンを押さないと開かないドアもあります。注意してくださいね。

オーストラリアのワーホリでの仕事の探し方

オーストラリアのワーホリでの仕事の探し方

せっかくお金をかけてオーストラリアでワーキングホリデーをするのだから、
もちろん、自身が望んでいる仕事に就きたいのは、言うまでもありません。
ただし、思っているように事が進むほど、ワーキングホリデーは甘くありません。

というのは、ワーキングホリデーにおいて仕事を探す際は、
それこそ正しい手順で仕事を見つけていかないと、本当に希望する職に就けないからです。ここでは、ワーキングホリデーにおける仕事の探し方についてお話します。

まず、自分がアピールできるスキルについて、明確にしておきます。
この際、英語力についてのアピールはあまり意味がありません。
英語はあくまでもコミュニケーションのツールでしかなく、
オーストラリアで働く上で英語ができることは当たり前だからです。

それよりも、毎日無遅刻無欠勤であるとか、細かい仕事や掃除がすすんでできるとか、
その方がよっぽど立派なアピールになります。
これについては、日本にいる間に、英語で書いてみても良いでしょう。

また、ネイティブのコネを活かすという方法もあります。
これがかなり有力な手段です。
普段出会うネイティブの方の中には、お仕事の紹介につながる人もいるのです。

日ごろ何気なく挨拶や会話をする程度で、仕事のことまで気づかないかもしれませんが、
実はこれが本当に重要になるのです。

もしホストファミリーの自宅に泊まるなら、やりたい仕事について、伝えておきましょう。もしホストファミリーにその仕事に関連したネイティブの知り合いがいてサインをもらうことができれば、面接における評価も非常に高いのです。

資料請求・無料相談はこちら
STEP1  資料請求STEP2  ワーホリ・留学セミナーSTEP3  渡航前カウンセリング
PAGETOP