アクティブウーマン留学センター

「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中
オーストラリア留学・ワーホリ>オーストラリア>語学・正規留学ヌーサ/バイロンベイ>Byron Bay English Language School
シドニー ケアンズ ブリスベン メルボルン パース ゴールドコースト ヌーサ/バイロンベイ

Byron Bay English Language School

バイロンベイで語学留学!隠れた癒しスポット

ヨガやオーガニックフードなど隠れた癒しスポットとして人気の高いバイロンベイ。

ここでの語学留学が女性に大人気。

バイロンベイは、オーストラリア最東端に位置しています。バイロンベイには、美しいビーチとナショナルパークがあり、のんびりと過ごすのには最適のスポットです。バイロンベイには、ケープバイロンを挟んで穏やかな湾に面したメインビーチとサーフスポットとして有名な外洋に面したタロービーチのふたつのビーチがあります。

そのため、バイロンベイでできるアクティビティはたくさんあり、サーフィンやウィンドサーフィン、シュノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツをはじめ期間限定のホエールウォッチング、海や川でのカヤックやスカイダイビング、ゴルフなど。

そして、このバイロンベイ語学学校はそんなバイロンベイの町の中心にあります。NEAS Australia(留学生を受け入れる英語学校の質を保つよう保護するオーストラリア政府機関)公認の語学学校です。

勉強で疲れた頭を癒すのは、なんといっても歩いて10分のビーチ!

果てしなく続く海。水平線を眺めているといつの間にがサンセット。

夕暮れまで友達をおしゃべりをすれば、英語のストレスも吹き飛んでまた明日からの授業もがんばれます!

バイロンベイ語学学校はヨーロッパ人が50%以上。

日本人がほとんどいない環境でしっかりと英語にひたれます。

Byron Bay English Language School

バイロンベイ イングリッシュ ランゲージスクール

日本人が少ない町で、大都市では味わえないのんびりしたオーストラリアンライフを楽しめます。オーガニックカフェや質のよい丁寧なレストランが多く、都会の喧騒と離れてのんびり暮らせます。ヨーロピアン人口の多い学校。都会のにぎやかさが苦手な人におすすめ。何年も変わらないスローライフを愛する人たちの町です。すばらしい自然とサーフィンとナチュラルライフを愛する人におすすめ!キャンペーン中!


★学校のfacebook


★バイロンベイ滞在ブログ
お客様のブログです!

【2017年度料金】
1-4週間 A$400
5-12週間 A$390
13-24週間 A$380
25-36週間 A$370
37-48週間 A$355

空港送迎 無料 (4週間以上のお申込み・ゴールドコースト到着に限ります)
国名 オーストラリア
都市 バイロンベイ
立地 市内中心からから徒歩2分 ビーチまで徒歩5分
タイプ 多国籍、ビーチ、フレンドリー
人数 約140名
レベル段階 6
1クラス最大 15名
あり
日本人カウンセラー あり

バイロンベイ語学学校 校長先生からご挨拶

学校情報

ナチュラルライフと波を愛する人々の町。ヨガとサーファーの聖地。自然が多いのんびりした楽園

バイロンベイは、オーストラリアの東海岸に位置し最東端になります。ブリスベンから車で南に2時間ほど行ったところにバイロンベイがあります。すばらしい海辺のこの町には世界中からの観光客が訪れ、また画家、音楽家などの芸術家が多く住む町としても有名です。

亜熱帯性気候で、夏は、海風の影響で平均気温28度、冬は平均気温21度と穏やかな気候です。学校はバイロンベイの町の中心部にあります。小規模な学校で生徒、先生は皆仲がよくアットホームな雰囲気。オーストラリア最東端にある灯台で有名で、美しいビーチが続きリゾート地としても人気が高い。学校からビーチまでは徒歩圏内なので、サーフィンなどを楽しみながら英語を学びたい人にも最適の環境。日本人が少ない町で、大都市では味わえないのんびりしたオーストラリアンライフを楽しめます。

Bar やストリートミュージシャンのパーフォーマンスが、365 日ライブをやっています。

週末には、ローカルマーケットが開かれ、お祭りも楽しめます。バイロンベイ英語学校は、恵まれた自然環境の中で高い質の英語教育と、広範囲なアトラクションを体験できる学校として1998年に開校されたNEAS Australia公認の英語学校です。 ACPET(Australian Council For Private Education and Training)のメンバーでもあります。バイロンベイ英語学校は、バイロンベイの町の中心にあり、バス停から徒歩2分の所にあります。

教室の外には、学生が他の学生とランチを食べたり、リラックスして交流できるよう整備されたバルコニーが完備されています。イルカとのシーカヤック、ブッシュウォーキング、ヨガ、ゴルフ、地元アーティスト・ミュージシャンのスタジオ訪問、イルカ・ホエールウォッチング、乗馬、カヌーによる川くだりなどのアクティビティを体験していただけます。

サーフィンをしているとイルカがそばによってきて泳いでくるすばらしい環境です。

4月~9月はくじら(!)も見ることができます。

町が小さいのでどこへいくにも自転車でいけるので交通費もかからず経済的です(これは重要!)

きれいで広い学生ハウスが大人気。みんなでわいわい自由な雰囲気です。

金曜日はピザパーティーやミュージックナイトもあるので、クラス以外のお友達作りに最高の環境です。

ミュージックナイトでは校長先生自らがバンド演奏をするという、アットホームな学校。

パワースポットであり、有数のスピリチュアルスポットであるバイロンベイでゆったり留学しませんか?

 

<自転車レンタルについて>

初日に、$200-$250 (自転車の状態により違います) をお支払いいただきます。
この中から、使用料を引いた分を、返却時に返金いたします。

使用料は、

初めの4週間まで - 1週間$20
5,6週間 - 1週$10
7週間以降 - 1週間$5

ですので、例えば、12週間借りると、全部で$130となります。
長期の滞在ですと、中古を買ったほうがお得です。後で売る人も多いですよ!


人気の先生

ロペス先生

ロペス先生

先生は日本、韓国でも英語を教えた経験があります。英語教師歴11年の大ベテラン。ロペス先生のクラスは学生の誰に聞いても「楽しい!」と評判。趣味は音楽とブッシュウォーキング(森歩き)というバイロンベイ大好き人間です。


料金

★2017年度

授業料 教材費 入学金
1-4週 A$400 1-4週 A$70 A$230
5-12週 A$390 5-12週 A$140
13-24週 A$380 13-24週 A$200
25-36週 A$370 25週以上 A$240
37-48週 A$355
滞在手配料

ホームステイ手配料 A$230
学生寮手配料 A$230 <

ホームステイ滞在費

個室平日2食週末3食 A$270

学生ハウス

A$180/週(ツインシェア)

A$235/週(シングル)※9月から3月までのスタート日の場合A$275/週

空港お迎え A$250(ブリスベン国際空港)
A$90(バリナ空港)
A$130(ゴールドコースト空港)
海外留学生保険(OSHC) 1ヶ月A$50~ (学生ビザの方のみ必要)
クリスマス週間追加料金 $60/週(12月23日から30日)

★無料のシャトルバスは、ゴールドコースト空港からのみで、4週間以上のコースにお申し込みの方に限らせていただききます。

クリスマス休暇

2017年12月22日17時~2018年1月1日

バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




学校内のカフェ
学校内のカフェ




パソコンルーム




バイロンベイイメージ




バイロンベイイメージ




日本人スタッフの恭子さんは頼れるお母さん
日本人スタッフの恭子さんは頼れるお母さん




アクティビティのヨガレッスン
アクティビティのヨガレッスン




ビーチで空手レッスン
ビーチで空手レッスン




国籍の多さはさすがです
国籍の多さはさすがです




先生たちはバンドマンでもあります
先生たちはバンドマンでもあります




こんなアクティビティも
こんなアクティビティも




勉強も運動も疲れますね
勉強も運動も疲れますね




BBEL写真




BBEL写真




学生の声

S・U さん

こんにちは^^
オーストラリアに来て1週間。スクール通って3日が経ちました。
バイロンベイの海は本当に素晴らしいですね。
きのう、自転車を手に入れたのでこれからは街を探索するつもりです。

ホームステイ先も素晴らしい家族で毎日なんの不安もなく楽しく過ごしています。
ハンバーガーやBBQなど毎日がお肉三昧だったらどうしようと心配していましたが
食事はとても健康的でほっとしています。
6ヶ月の滞在の間ずっとステイさせてもらいたいくらいです。

語学学校の先生やスタッフはとてもやさしく頼りになる存在です。
素敵な環境にいさせてもらっているのであとは私が頑張るだけです^^

とにかく1日1日を大切に過ごしていこうと思います。

留学するにあたって様々な面でサポートいただいてありがとうございます。
引き続きよろしくお願いします。

またバイロンから報告させていただきます。

川合 瑠未 さん

・学校名
 Byron Bay English School

・授業には満足ですか?
 私が着いたころは本当に小さな学校って感じでみんなわきあいあいで先生もみんな友達だった
 んですが、、今はコースが色々増えたようで生徒が建物の割りに多すぎて、溢れかえっています。
 前はクラスに8から10人くらいだったんですが、いまは15人くらいいてクラスメイトの名前を覚える
 だけでもだいへんです。

・先生には満足ですか?
 今の生成は満足ですが、生徒がいきなり増えた分、新人先生もいきなり増えて、
 少しやりずらいなと感じるときもあります。

・クラスメイトの国籍はいかがですか?
 前はスイス人がほとんどだったんですが、今はスパニッシュもどんどん増えていってます!!
 なぜでしょうか?笑
 私のクラスメイトはスパニッシュ5人、スイス7人、チェコ1人、イタリアン1人、私ジャパニーズ1人です。

・ホストファミリーはいかがですか?
 最高によかったです!!最初の1ヶ月だけだったんですが、今でもたまにmailで連絡を取り合ってます。
 ディナーに誘ってくれたり、一緒にクラブにいったり、本当に大好きです!!

・アルバイトはしていますか?またどのような仕事をしていますか?
 まだしていません。

・月の収入はどれくらいですか?
 なし。

・ファーム情報があったら教えて下さい。
 いまはブルーベリーがいいみたいです。

・これは持ってくれば良かったというものは?
 日本のお酒。ワンカップとかもってこれればよかったなーと。みんな日本のお酒に興味津々なので
 飲ませてあげたかったです。
 化粧水。こっちにあんまり売ってないんです。。

・これはいらないと思ったものは?
 ボディクリーム。これはいっぱい売ってます。

・毎日どんな生活をしていますか?
 学校にいって、午後はヨガをしたり、スクールアクティビティーでビーチバレーをしたり、友達とご飯を
 作ってpartyをしたり、クラブにいって踊ったり、、
 って勉強あんまりしてないですね。。笑

・その他、代理店へ伝えたいこと
 思ってたよりお金をあんまり使いません!!自炊だから本当にしようとおもえばいくらでも
 節約できます!!
 だから金銭面で渡航を迷ってる人がいたら、絶対いくべきだと伝えてください!!

深井 雪乃 さん

・学校名
 Byron Bay English Language School

・授業には満足ですか?
 満足!!
 本当に良い先生たちばかりで授業も楽しかったです。
 そして、クラスのレベルが自分に合っていたのでとても英語を学びやすい環境でした。

・先生には満足ですか?
 大満足!!
 最初ほんとにシャイで全くクラスの子ともなじめず、話せずだったのですが、
 いつも先生が気にかけてくれていろいろ授業中も話を振ってくれたりしました。
 その先生には4ヶ月間ずっとお世話になっていたので卒業するのは本当に名残惜しかったです。

・クラスメイトの国籍はいかがですか?
 初めのクラスは3分の2はアジア人でしたが、9月に入ってから一気にヨーロッパ人が増えました。
 1つクラスが上がってからはほとんどがスイスでした。

・ホストファミリーはいかがですか?
 とても親切にしてくれましたが、まだオーストラリアにも英語にも慣れていない状態でのステイ
 だったので、緊張してあまりホストファミリーと会話することができませんでした。

・アルバイトはしていますか?またどのような仕事をしていますか?
 今探し中です・・

・これは持ってくれば良かったというものは?
 USBメモリー

・これはいらないと思ったものは?
 シャンプー・コンディショナー・ボディソープなど重たい思いして運んできましたが、
 こっちでも同じようなものが買えるのでいらないと思いました。

・毎日どんな生活をしていますか?
 学校に通っていたときは毎日友だちとご飯作って食べて、週末は学校のパーティーがあったり
 友だちとパーティーしたり毎週末どこかで飲んでいました。
 週末は天気が良ければビーチに行って読書したり、街をぶらついたり。。
 毎日楽しく過ごしていました。
 今は毎日仕事探しです!

佐藤 彩 さん

・授業には満足ですか?
 行く前はただ友達つくりのためだけと思ってましたが、授業が楽しくて英語もかなり身についたと
 思います。

・先生には満足ですか?
 授業が楽しい先生、わかりやすい先生がたくさんいますが、つまらない時もあります。

・クラスメイトの国籍はいかがですか?
 韓国人、スイス人が多いです。日本人が少ない学校でよかったです。

・ホストファミリーはいかがですか?
 student houseです

・アルバイトはしていますか?またどのような仕事をしていますか?
 学校の近くのレストランでキッチンハンドをしています。主に皿洗いですが。

・月の収入はどれくらいですか?
 週に1日しか働いてないので、$400~450

・これは持ってくれば良かったというものは?
 冬服。意外と寒い!外付けハードディスク(暇がたくさんあるため映画を見まくる)

・これはいらないと思ったものは?
 おしゃれ着(バイロンにはラクチンな格好が一番)

・毎日どんな生活をしていますか?
 放課後にはサーフィン、週3日ぐらいは学校のみんなでご飯つくってシェアしてお酒のんで軽くパーティ
 ですね。

 週末には車でマーケットやイベントに行きます。

・留学して良かったことは?
 なにより日本にいては出会えない友達と出会えました。外国人はもちろん、日本人とは接しないと
 決意してたものの、同じ環境にいる日本人からとてもいい影響受けることもあります。

 世界中を旅行して会いに行きたくなる友達ができました!!!

卒業生の声

S.Uさん
留学するにあたって、そして留学後も大変お世話になりました。
留学を終えてみて思う事は、バイロンベイを選んで本当に良かったなということです。
これも桜井さんからいろいろをアドバイスを頂けたおかげです。

ホリデイの期間にダーウィン、ケアンズ、ブリスベン、シドニー、メルボルン、ホバートと
いろいろなオーストラリアを巡る事ができ、そのどれも素敵な思い出ですが、
学校へ通う、そこで暮らすということで 考えた場合、私にはバイロンベイがぴったりでした。

最初に紹介いただいたホストファミリーのところに結局最後までお世話になり、
帰国した今でも連絡をとりあっています。
本当に素晴らしい方々でした。
英語だけでなく、自然と調和するような生き方も教わってきました。

8ヶ月の留学はあっという間に終わってしまいましたが
その間に出会った方々からのポジティブな影響を受け
次ぎなるステップに進もうとしています。
しばらくは日本で貯金をしなければならないのですが
いろいろな準備が整ったら再びオーストラリアへ行きたいと考えています。

今回の留学を通して、自分が何をしたいのか 、どうありたいのかを考え
選択し、進んでいく過程で、欲しいものがみつかって、
それを強く欲しいと望んで行動することでたくさんの幸運な出会いがあり、
強く願えばそれを引きつけることがあるということを実感しました。
桜井さんとの出会いもそのひとつでした。

本当にありがとうございました。

Masakatsuさん

Byron Bay はきれいな町で、大きなスーパーマーケットも有り、とても便利なところでした。気候も良く、とても住みやすいところです。

そしてサーフィン!!ここは本当にサーフィンに向いている所です。色々なサーファーと仲良くなれるし、波もイイ。留学中はサーフィンに熱中しました。

ホームステイ先はとても静かな住宅地でした。ホストファミリーとは一緒にサーフィンに行ったり、釣りに行ったりして楽しみました。

もう一度海外で生活したい!

Yusukeさん

授業内容はGood。クラスは皆フレンドリーでとてもいい雰囲気でした。学校にはレンタル自転車、自販機やパソコンもあり、e-mailは無料で使うことができました。 サッカー、ビーチバレー、スキューバダイビング

Norikoさん

Byron Bayは静かでのんびりしていて、治安も良く、とてもイイ所でした。ライトハウス(オーストラリア最東端の灯台)やビーチなどがお勧めポイント。

学校は少人数制なので1人1人に細かく対応してくれてとても良かった。先生達は全員とてもフレンドリーでした。放課後のサッカー、ビーチバレー、BBQ(バーベキュー)などもとても楽しかった。金曜日にはほぼ全生徒でパブに行ったり、土曜日や日曜日には皆でビーチにいったり、カフェに行ったりして過ごしました。日本では絶対に逢えない人たちとの出会い。新たな自分を発見することができたバイロンベイへの留学でした。

語学学校情報

資料請求・無料相談はこちら
PAGETOP