アクティブウーマン留学センター

「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

William Angliss Institute

オーストラリア留学・ワーホリ>オーストラリア>語学・正規留学メルボルン>William Angliss Institute
シドニー ケアンズ ブリスベン メルボルン パース ゴールドコースト ヌーサ/バイロンベイ

William Angliss Institute

William Angliss Institute

ウィリアム・アングリス・インスティチュート

オーストラリアの名門
ホスピタリティーのスペシャリストになる!

ウィリアムアングリスはオーストラリア最大規模、そして最も歴史のある、政府資金による教育機関。ホスピタリティー、観光、飲食業界関連で即戦力となる技術を身につけるトレーニングを提供しています。
メインキャンパスは2012年以降3年連続して世界一住みよい街として選ばれたメルボルンのシティにあり、学校全体の学生数は年間2万4千人を超え、そのうち1,500人ほどの海外留学生が学んでいます。またシドニーのシティにあるサリーヒルズには、2014年より新キャンパスがオープンしました。ほかにも中国、マレーシア、タイ、シンガーポールにも提携キャンパスもあります。
知名度が高いため、この学校の卒業生は就職先に困りません。「ウィリアムを出ているのであれば」という認識は専門家の間では定評があります。

国名 オーストラリア
都市 メルボルン
日本人カウンセラー あり

学校特長

スペシャリストセンター
1940年に設立
公立の職業専門学校
21000人のオーストラリア人
45ヵ国にわたる1300人の留学生

更に優れた様々な施設

60以上の教室&4つの講義室
12の厨房&4つのベーカリーキッチン
図書館ー400台のコンピューター端末
旅行業界で実際に使用されているオンラインの予約システム
3つの実習用レストラン&2つのカフェ
3つの宿泊トレーニングセンター
ワイン官能評価センター&コーヒーアカデミー
ホテルトレーニングセンター(フロントデスク/レセプション対応)
商業会議センター
キャンパス中心にある庭園

その他の魅力ー留学生へのサポート

国際課(日本人スタッフ対応)
学部にて留学生対応のコースコーディネーター
キャリアオフィサー
キャンパス内でのメディカルセンター
オリエンテーション
宿泊案内サービス
カウンセラーによる個別対応
学生用ラウンジ
各種交通機関アクセス可能(トラム、電車またはバス)

入学時期

2月、7月

出願条件

☆学術要件
高校卒業証明書、成績証明書

☆英語要件
IETLTS5.5
英語力が満たない場合は、 提携語学学校にて英語コースから始めていただきます。

留学生の国籍の割合

(*2014年度)
北アジア (Korea, Japan and China) 15%
東南アジア (Indonesia, Thailand, Malaysia, Vietnam and Hong Kong etc) 66%
南アジア (India, Sri Lanka and Pakistan etc) 4%
アフリカ (Mauritius, Zimbabwe, South Africa and Kenya etc) 2%
中東 0%
ヨーロッパ (Sweden, UK, France ,Turkey, Hungary, Spain, Italy and Greece etc) 5%
アメリカ (Colombia, Chile, Brazil, Argentina, Mexico, Peru and USA etc) 7%
サウスパシフィック (Papua New Ginea, Fiji and New Caledonia) 1%

学校周辺の環境

市内中心街の便利な場所の立地
キャンパス前に市内Freeトラムの停留所有
メルボルン中心部にあるフラッグスタッフガーデン(Flagstaff Garden)徒歩1分
クイーンビクトリアマーケットまで徒歩5分
キャンパス内、周辺にはフードコートやカフェ有

メルボルンは、毎年国内外から数十万もの観光客が、F1グランプリやテニスのオーストラリアオープン、メルボルン国際映画祭などへの参加で訪れています。このような環境のもとウィリアムアングリスの学生は実践に基づいた学習を行いながら、同時にさまざまな職場体験を経験しています。

Diploma of Hospitality Management



海外からのお客様を英語でおもてなし。オリンピックに向けてホテル業界では英語のできる人材の募集が集中します。英語を学び、ホスピタリティのプロとしてのトレーニングを受けるにはまさにいまがチャンスです!

コース費用
★Diploma of Hospitality Management (1年)
 17000ドル (約150万円)


★語学留学とのパッケージ(合計2年)
インパクトイングリッシュ・カレッジ(1年)
18920ドル(約160万円)+
Diploma of Hospitality Management (1年)
17000ドル (約150万円)


合計 35920ドル(約300万円)

入学日
2月、7月

コース内容(1年)
レストラン、ホテルの受付、カフェ、宿泊施設といった最新の現場模型をそのまま学校施設の中に有しており、実習の機会もある為、理論と実践的なスキルを合わせた総合的な教育がうけられます。
最初の6ヶ月間の授業の内容としては食品と飲み物についての知識、キッチンでの仕事の流れ、バーでの仕事、カスタマーサービス、コンシェルジュ、フロントレセプション、ルームサービスなど、ホテルの中で実際にある仕事全般について一通り学びます。


次の6か月ではいよいよインターンシップ開始。無給ですが学校が提携しているホテルで実践にはいります。ホテルは5つ星のホテルから様々なメルボルン市内のホテルと面接して採用担当官が決めていきます。

インターコンチネンタル、マリオット、ハイアット、ヒルトンなどの一流ホテルがずらりとならず、リッツカールトンも建設中です。ウィイリアム・アングリスの学生は一流の教育を受けていることですでに定評がありこういったホテルとも提携をとることができます。また、この学校と提携できる留学代理店も限られており、一部の優良代理店として提携を結びません。アクティブウーマンはこの数少ない代理店にカウントされており、学校から提携のオファーを受け受理しました。



ホテルの部屋のレプリカが学校内にあります。ここでベッドメイキングなどの練習をします。

インターンシップ終了後:

3か月のフルタイムインターンシップ終了後は再びコースに戻り、最後の3か月はスクーリングで終えます。
しかし、研修に入ったホテルでそのままアルバイトとして残る学生も多いです。
学生たちの時給は20ドル近く、生活費として十分な資金を補充することができます。


専門コースに入る英語力は?

IELTS公式スコアでOverall5.5が必要です。このレベルに届くまで英語初級の場合で1年です。パスウェイと呼ばれるダイレクトエントリー制度のある語学学校に入学し、そこで指定の英語レベルに上達すると試験免除で入学可能となります。
語学学校にも、専門学校にも日本人カウンセラーがおりますので、進学相談や生活相談は日本語でしっかりと行うことができます。


学校内設備



学校内の図書館。ここでみんな課題提出用のレポート作成などを作ります。



生徒用のラウンジ



右にあるお部屋は応急処置室。調理部の学生が指を切ったりするので。



学校にはバリスタマシーンがあります。インパクトのバリスタコースはここで研修をします。



学校の受付がすでにホテルのようです。



ホテルの部屋のレプリカ。



レプリカ2



この部屋もレプリカ。KYOTO(京都)という名前のお部屋



バスルームのレプリカもあります。



学校内にはレストランがあって、ここで調理師コースの学生は実習をします。



厨房ではクッキングコースの学生が腕を振るいます。



こうして一般のお客さんたちが学生の料理を食べにやって来ます。
オーダーを取る学生もまるでプロのようでした。



私が視察した時は、たまたまクリスマスランチ。全員がこんな可愛い帽子をかぶりました。



後ろで黒服で写っているのも、ホスピタリティコースの学生たちです。


ちなみにこのコースを卒業して、CAになった学生さんもいるそうですよ。
サービスのプロとして、幅広い勉強ができますね。



★学校のfacebook

   学校の詳細はこちら

資料請求・無料相談はこちら

PAGETOP