看護留学では特に人気の語学学校です。メルボルン市内の中心部にあり通学便利です

アクティブウーマン留学センター

「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

Melbourne Language Centre

オーストラリア留学・ワーホリ>オーストラリア>語学・正規留学メルボルン>Melbourne Language Centre
シドニー ケアンズ ブリスベン メルボルン パース ゴールドコースト ヌーサ/バイロンベイ

Melbourne Language Centre

Melbourne Language Centre

メルボルン ランゲージ センター 看護留学専用プログラム


英語プラス看護教育プログラムを、1994年より開講しています。医療先進国オーストラリアのメルボルンの医療および福祉関連機関と多数提携し、英語の上達とオーストラリアの医療・看護全般に関する知識を深めるためのユニークなプログラムです。


キャンパスは、市街地の北側、お洒落なグルメの通り、ライゴンストリートにあり、また落ち着いた環境です。徒歩5分圏内に、世界遺産の「ロイヤルエキシビションビルディング&カールトン庭園」、スーパーマーケット、銀行、薬局、手作りのミートパイや大きなケーキが魅力のベーカリー、何時間も居座りたくなる居心地のよいカフェなどがあり、日々の生活にも大変便利な抜群の立地です。

国名 オーストラリア
都市 メルボルン
規模 中規模
タイプ 初心者安心、格安、フレンドリー
人数 約470名
レベル段階 5
1クラス最大 17名
なし
日本人カウンセラー あり

学校情報




OET準備コースと看護英語クラスがある唯一の語学学校。
現地病院視察をしながら、英語を学ぶことができます。看護留学に一押しの学校です。

英語コースでは、日常英語を学ぶことに重点が置かれているだけでなく、
大学進学や資格取得などを目的としたアカデミック英語の基礎となる英語も学ぶことができます。

日本人スタッフが常勤しており、日本人学生へのサポートがしっかりしてるので、
初めての海外生活で不安な方にも心強い学校です。


★学校のfacebook

   学校の詳細はこちら


一般英語+病院見学(メルボルン)


看護教育プログラムでは19週まで日本語通訳がつくので、英語初心者でも安心して参加可能!

看護留学(メルボルン)

英語コースを受講しながら、病院視察を同時に行うコースで、年に3回開講されます。
英語初心者から参加できるもので12週~36週まで。(英語コース+看護教育プログラム)

月~金の8:30~14:00までは一般留学生と同じく各レベルの英語コースへ通い、毎週一度水曜日に、各英語レベルにいる日本人ナースが集まり看護教育プログラムを行います。

海外の病院事情を視察したい方や、英語を使って仕事をしたいナースにはぜひおすすめしたいプログラムです。

この看護教育プログラムでは19週まで日本語通訳がつきますので、英語初心者でも参加可能です。

看護教育プログラムは日本人だけになりますが、日中行う英語コースは、世界各国からの留学生と同じ教室で学びます。


2018年入学日

コース1 2018年4月16日(月)
コース2 2018年10月1日(月)

2017年コース費用 ※2018年費用の発表はこれからです。

英語+看護教育コース
1ブロック (12週間)

$5,031

英語+看護教育コース
2ブロック (24週間)

$10,059
英語+看護教育コース
3ブロック (36週間)
$14,886
36週目以降の追加英語コース $300/週
ワーキングホリデーコース(17週) $7,111

その他費用

入学金

A$200

滞在手配料

A$200
ホームステイ滞在費 A$280/週
空港送迎(片道) A$109
海外留学生保険(OSHC) シングル$402 (8ヶ月まで) $519(11ヶ月まで) $656 (14ヶ月まで)(学生ビザの方のみ必要)

クリスマス休暇

2017年12月25日,26日
2017年1月1日

英語コース スケジュールサンプル

英語コース

英語コース スケジュールサンプル

看護教育プログラム

第1週 講議 オーストラリアのヘルスケアシステム
第2週 訪問 公立総合病院セント・ビンセント病院
第3週 講議 オーストラリアの高齢者ケアシステム
第4週 訪問 高齢者ケア施設マーティン・ルーサーホーム
第5週 講義 CPR 救急救命講座(オーストラリアの資格取得)
第6週 講議 オーストラリアの緩和ケアシステム
第7週 訪問 カリタス・クリスティ・ホスピス
第8週 講議 オーストラリアの看護師の階級・労働条件
第9週 訪問 公立教育小児専門病院ロイヤルチルドレン病院
第10週 講議 院内の危機対策
第11週 訪問 公立ボックスヒル病院産科病棟
第12週 講義 創傷ケア
第13週 アロマセラピーマッサージ講義と実践
第14週 訪問 コーフィールド・ジェネラル・メディカル・センター(リハビリテーション)
第15週 講議 HIV/AIDS 患者からの話
第16週 講議 ロイヤル地域訪問看護センターにて慢性期訪問看護
第17週 講議 急性期訪問看護
第18週 講義 バンクシア緩和ケアセンターにて、各種セラピー、ソーシャルワークについて
第19週~36週 オーストラリア現役正看護師による看護英語


看護プログラム詳細はこちら


プログラム詳細ダウンロード(PDF)



学校写真

お客様の声

野口 由里絵 さん

体験談


2012年8月からメルボルンに留学中です。ワーキングホリデーの方にはどこまで参考になるかわかりませんが、お付き合い頂ければと思います。


私は元々、作業療法士というリハビリの仕事をしていました。
その関係もあって、看護教育プログラムを受けられるMelboourne Language Centreを選択。
現地の病院・施設見学や講義を受け、とても良い経験となり、オーストラリアと日本の医療の違い、メリット、デメリットを感じることができました。


英語の方ですが、はじめはPre-Intermediateからスタートし、中国・ベトナム・インドネシア・マレーシア・イラク・サウジアラビア・クウェートなど、多国籍の友達に囲まれながら勉強をし、現在はEAP/IELTSクラスを受講しています。

語学学校卒業後は、Remedial Massageというオーストラリアで有名な手技(医療マッサージ)を学ぶためTAFEに通う予定です。

当初の予定では、『資格が取れればいいや~』という軽い考えで、
Intermediateレベルで入学可能なTAFEを志望校としていました。
日本人の学生も多いTAFEのようです。

しかし、入学手続き前に、近くにあるStudent Clinic(学生が実習で行っているクリニック)に行き、実際に施術・マッサージをしてもらいました。
施術をしてくれた学生はInternationalの方だったのですが、英語は流暢でこちらに不安を与えることなく問診・施術をしてくれました。

このとき、
『今の自分の英語力でRemedial Massageを学び、クライアントと関わって大丈夫なのか?!
自分のコミュニケーションの仕方で、逆に痛みや不安を抱えているクライアントを更に不安にさせてしまうのでは?』
と思いました。

日本での臨床経験は2年半と短い期間ですが、コミュニケーションの重要さはわかっています。

それから語学学校の期間を延ばし、入学基準がより高いTAFEに志望校を変更しました。
このときはじめて、『最初から考えが甘かった』と感じました。

せっかくオーストラリアで新しい技術を学ぶのだから、はじめから日本人が少なく、より質の高い環境を選ぶべきだったと思いました。


次のセミスターまでにスコアが取れるか(入学基準に達せるか)、不安で、一度大泣きしたこともありましたが、今は気持ちを切り替えて、入学基準に達しなかったら日本に帰国する覚悟で日々頑張っているつもりです。


また、こちらでは勉強でなく、素敵な出会いもありました。
まずは、現在週に一度、脊髄損傷の方のリハビリを手伝わせて頂いています。
オーストラリアでは日本の作業療法士の資格は使えませんが、いろんな縁でこのような機会を得ました。
半年間、仕事から離れて、久々にリハビリをしたとき、
『やっぱりこの仕事好きだな』と思いました。

また看護教育プログラムの繋がりも大きいです。
現地で働いている看護師やOETをとった看護師さんとお話しをする機会もあり、刺激を受けています。


オーストラリアに来て、大変なこともたくさんありますが、その分楽しいこともあります。
自分と向き合う時間もたくさんできました。
とても貴重な日々です。

伊藤 萌生 さん

体験談


私は看護学生の頃から海外留学を考えていました。
3 年間大学病院で勤務し、ある程度の知識・技術が身についてきた時点で退職を決意しました。

1年間かけて先ずは基礎英語力を固め、その後医療英語の勉強を集中してできる環境が欲しいと考えていた為、一般英語クラスからOET 対策クラスまで幅広いレベルがあり、自分に見合ったレベルを自由に選べるMLC に魅力を感じました。

私はOET コースを受講する以前にEAP〔アカデミック英語〕1・2そしてIELTS 対策のクラスを各2,3 ヶ月ほど受けていた為、文法の基礎から焦らず時間をかけてじっくり学ぶことが出来たと思います。

OET クラスでは、世界各国から集まる医療関係者と出会い、国籍・年齢を問わず同じ志を持つ者同士として交流するとてもいい機会になりました。
OET という特殊な試験に対して、クラスでは英語のみではなく実践的な対策方法も学ぶことが出来ました。

また、「英語プラス看護教育プログラム」での病院訪問では実際にスタッフの話を聞き、自分の目でオーストラリアの医療を垣間見る絶好の機会となりました。
プログラム後半の現地の登録看護師(とっても熱心で素敵なナース)による医療英語のクラスでは、自分では得る事の出来ないような現場で使用されている単語・知識を学びました。

合格した時に一緒に喜んで泣いてくれるような温かく献身的な先生、スタッフのいるMLCで得たものは英語力だけではなく、自分の人生において貴重な時間であったと感じます。

Emiko Tatsumi さん

Aged Care Facility でのボランティア活動を終えて

日本で看護師として働いている際、時折受診される外国の方と少しでも英語でコミュニケーションがとれたら。。という想いから英語を学ぶ為に留学を決意し、MLCでGeneral English Courseと共に、医療英語も学べるEnglish For Health Professionals courseを受講しました。半年を過ぎた頃、Aged Care Facilityでのボランティア活動を紹介して頂き、7月後半より学校終了までの2ヶ月半、学校帰りに週2回(15時~19時)参加する事になりました。

ボランティア活動を始めた頃は、私の英語力で本当に大丈夫だろうかという不安が強かったのですが、施設のスタッフの方は私の意見を一生懸命聞こうとしてくださり、コミュニケーションをとろうといろいろ質問してくださったりとてもフレンドリーなスタッフに恵まれ、充実したボランティア活動を送ることが出来ました。

ボランティア活動では、自分が経験したい事を伝えると、できる範囲内での活動をさせて頂く事ができました。私は2ヶ月半という長期だったため、まずは施設の流れを把握する為に、火曜日はDiv1 Nurseに付き、木曜日はPCAに付くように調整しました。

火曜日はDiv1 Nurseと申し送りを一緒に聞き、Drへの伝達事項確認や配薬の準備から配薬までを見学していました。実際に利用者の方への声掛けの仕方や、コミュニケーションを見て、こういう時にはこういう言い方があるのかと、大変勉強になり、また、実際に薬品管理や創傷処置などを見学し使われている薬品や物品なども知る事ができました。
木曜日にはPCAの方に付き、食事介助や寝衣交換、liftを使っての移動介助などPCAの方と共に介助させて頂く事ができました。平日は学校が終わったevenig shiftしか体験できなかったため、day shiftの様子やactivityも知りたいと思い、1ヶ月を過ぎた頃から土曜日(9時30分~14時30分)も参加させて頂くようにお願いしました。
土曜日は主にactivity担当のPCAの方に付き、activityに参加したり、カルテの記入なども見学する事ができました。English For Health Professionals courseで学びながら、ボランティアを続けていたため、習った医療英語や表現が実際に申し送りなどで使われているのを聞く事ができると、学びが活用できているようでとても嬉しく感じました。
そして、利用者の方のDaily handoverをいただき、一緒に申し送りを聞けた時や利用者の方や利用者の家族の方、スタッフの方が名前を覚えてくださり、行く度に声を掛けていただき、スタッフの1人として見て頂けた事がとても嬉しく、本当に素晴らし経験をすることが出来ました。

オーストラリアの施設で、医療の現場を見学し、実際にボランティア活動ができたことは、自分自身に自信を持つ事にも繋がり、これからも継続して英語を学びたいという気持ちもさらに増し今後の課題にもなりました。
2か月半の間、大変お世話になった、Yarraville Villageのみなさん、Melbourne language Centerのみきさん、本当にありがとうございました。

資料請求・無料相談はこちら

PAGETOP