航空券を購入しよう | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

プロが教える!オーストラリアワーキングホリデー完全ガイド P4

航空券を購入しよう

航空券を購入しよう
行先の都市や出発日が決まったら、次は航空券の購入です。
オーストラリア行きの飛行機であれば、日本からも沢山の直行便が出ていますので、多くの都市に乗り換えなしで行くことができます。便利ですね。

直行便であれば、主な取扱航空会社はカンタス航空か、その子会社であるジェットスター航空です。

下記のようなカンタス航空やジェットスターの公式ホームページから直接購入することもできますが、どうしても自分で購入されるのが不安な方は、旅行代理店さんに依頼するのも良いかと思います。

カンタス:https://www.qantas.com/travel/airlines/home/jp/ja
ジェットスター:http://www.jetstar.com/jp/ja/home

インターネットで航空券を購入する場合、決済はクレジットカードになります。
ただ、クレジットカード自体は自分名義のカードでなくても問題ないので、まだクレジットカード作っていない!という方はご家族の方などに借りて購入することも可能です。

航空券は、一度購入すると変更に手数料がかかってしまいます。出発の直前になればなるほど、変更手数料も上がってしまうので、ご注意ください。航空券を購入するのは、必ず日にちが確定してからです。

そして、航空券予約時に忘れてはいけない存在がこちら、パスポート!
ご自身で直接航空会社に申し込みを行う場合は任意かもしれませんが、旅行代理店さんに依頼される時などにはパスポートの提出が必要になります。

何故なら、パスポートに記載されている通りのお名前の綴りで航空券を購入する必要があるからです。既にパスポートを取得している方は有効期限に問題ないかどうか、持っていない方は新規取得を早めに行っておきましょう。

パスポートを取ろう

パスポートを取ろう
まだパスポートを持っていないという方や有効期限が切れてしまっているという方は、まずはパスポートの取得からスタートです。
パスポートが無いとビザの取得や、場合によっては航空券の購入ができませんので、持っていない方はなるべく早めに申請しましょう。!窓口にも依りますが、申請から大体1週間、長くても2週間で取得が可能です。

こちらのページから、パスポートを申請できる日本各地の窓口を探すことができます。ご参考ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html

パスポート申請の際に必要になるものは下記の通りです。
1. パスポート申請用の申し込み用紙 5年用又は10年用 (一般旅券発給申請書)
こちらは、パスポート申請窓口に置いてありますので、事前に取り寄せて記入して行くなどする必要はありません。申請窓口で、その場で記入しましょう。

2. 戸籍謄本又は抄本
コピーは不可となっていますので、必ず原本をご用意ください。

3. 住民票の写し(必要ない場合もある)
住民登録をしていない場所で申請する場合などに必要になるようです。ただこの部分については都道府県により対応が異なるそうですので、申請予定の窓口に直接確認してみましょう。

4. 証明写真
証明写真は、縦45ミリメートル、横35ミリメートルと決まっています。1枚だけで大丈夫です。
出来るだけ直前に撮影をしたものを持って行くようにしてください。申請時と髪型やお化粧、男性だと髭などが大きく違っていると、取り直しにされてしまう場合があるようです。

詳しくはこちらをご参考ください
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html

5. 身分証明書
運転免許証や国民健康保険証などをお持ちください。その他にも有効なものがありますので、それ以外でご用意されたい方は此方をご参考ください。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html#6

以上のものを全て申請窓口に持って行くことにより、申請が出来ます。申請時に引換券がもらえるはずなので、失くさずに持っておいてくださいね。

因みに申請料金は、5年用で11,000円、10年用で16000円です。期間は2倍になりますが、費用は2倍ではないので、これからのことも考慮し、10年分とっておいた方がお得かもしれません。

万が一オーストラリアでパスポートをなくしたら?

万が一オーストラリアでパスポートをなくしたら?
勿論紛失しないことが一番なのですが、万が一失くしてしまった時に慌てない為にも、紛失してしまった時の対処法について予習をしておきましょう。

パスポートを紛失してしまったら、まずは警察署に届け出て、ポリスレポートを受け取る必要があります。一度紛失してしまうと、新規発給を受けるか、帰国直前の方は帰国の為の渡航書を発給してもらうか、どちらかしかなくなります。

どちらの場合にも、そのポリスレポートをもってまずは日本大使館に行く必要があり、下記の書類が必要となります。

*紛失一般旅券等届出書 1通
ここからダウンロードできます
*ポリスレポート
*写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1枚

上記書類にあわせて、新規発給を受けたい場合・渡航書が欲しい場合、それぞれの場合で下記の追加書類が必要になります。

【新しいパスポートを申請する場合】

一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
戸籍謄本又は抄本 1通
写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉

【帰国の為の渡航書を申請する場合】

渡航書発給申請書 1通
戸籍謄本又は抄本(原本を必要とします) 1通 又は日本国籍があることを確認できる書類
写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉
その他日程等が確認できる書類(帰国の航空券など)


特に、戸籍謄本を手に入れるのは大変かと思いますが、
パスポートをなくしてしまった場合にはこのような書類が必要になります。
日本大使館へ足を運ぶ手間もかかり、手続きも大変なので、パスポートの取り扱いには十分注意しましょう。

留学応援ブックを無料プレゼントオーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム
アクティブウーマン留学センターページトップへ