語学学校に通う理由とメリット | オーストラリア留学 ワーホリのアクティブウーマン

アクティブウーマン留学センター

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

経験という宝…

ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア留学が選ばれるの?
オーストラリア留学とワーホリを実現したお客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

プロが教える!オーストラリアワーキングホリデー完全ガイド P3

語学学校に通う理由とメリット

語学学校に通う理由とメリット
先に少し触れましたが、ワーキングホリデービザでは4か月まで学校に通う事ができます。

「旅や仕事をメインで考えているのに、学校なんて通う必要があるの?」
「英語は生活する中で身につけて行けるだろうし、学校なんて通わなくても大丈夫かも」


と…お考えの方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、そんな方にも学校に通う大きなメリットがあります。学校に通う意味とは、英語の勉強だけではないからです。

ワーキングホリデー生活をスタートすると、滞在先のシェアハウスを探したり、お仕事を探したり、まずは生活の基盤を築いていく必要があります。日本であればある程度簡単かもしれませんがそれを外国で、しかも誰も友達や頼れる人のいない場所で行うのは大変です。

ある程度英語力のある人だったとしても、土地勘のない場所でいきなり生活を始めるのは労力のかかることです。

そんな時、助けてくれるのが学校の存在になります。まず学校が最初の滞在先を手配してくれるので、到着後はホームステイ又は学生寮滞在をすることが出来、土地勘が付いたころにお部屋探しを始めることが出来ます。

お部屋探しのやり方についても、良く分からなければ学校スタッフにアドバイスをもらう事ができたり、学校で出来た友達の紹介でお部屋が見つかることも少なくありません。

学校に通う事によって自然と人の輪が広がり、情報交換ができます。お部屋だけでなく、お仕事だって友達の紹介で得られることがよくあります。

学校に通うなら、留学エージェントは使うべき?

更に、学校には先生方は勿論、先生とは別でスチューデントサポートと言われる、学生さん達の生活を助けてくれるスタッフさんがいらっしゃいます。学校以外の事でも何でも相談に乗ってもらえる、心強い存在です。例えば現地の銀行口座の事や滞在先の事、将来の事や恋愛相談だって聞いてもらえます。

学校を卒業した後でも、学校を訪ねて行けば変わらず頼ることが出来ます。一人でオーストラリアへ渡航して、いつでも頼れる存在があることはとても心強いことですよね。

学校に行かずにワーキングホリデーをスタートして全てを一人で解決しようとしていると、色々と試行錯誤しているうちにいつの間にか時間が経ってしまい、貴重な1年間のビザの時間が削られてしまったなんていう事もよくあります。

オーストラリアでの限りある時間を無駄にしない為にも、最初の1ヵ月だけでも学校に通いましょう。

語学学校の選び方

語学学校の選び方
語学学校にはそれぞれ、色々な特徴があります。

例えば…

*アクティビティが豊富な学校
*試験対策コースが充実している学校
*レベル分けが細かい学校
*ボランティア手配に力を入れている学校
*母国語禁止ルールを徹底している学校
*放課後に補習のクラスが受けられる学校
*日本人スタッフのいる学校
*少人数でアットホームな学校
*国際色豊かな学校
*大規模でにぎやかな学校

…等です。

譲れない条件や好みなどを考えてみて、ぴったり合う一校を選びましょう。とはいえ、数ある学校の中から全て自分で比較し、決定するのも大変だと思いますので、ここは学校の特徴を既に把握している留学カウンセラーに相談するのが一番です。

そして、実際の学校の雰囲気や学生さんの満足度、先生達と生徒さんの距離感等、学校ホームページ等には載っていない情報も沢山あります。このあたりになると、どれだけインターネット上で調べても分かりません。このようなところも含め、やっぱり実際に学校へ足を運んでいたり、学校スタッフさんと常日頃からやり取りのあるカウンセラーに相談するのが、一番確実な方法です。

語学学校の選び方

因みに、時々極端に、比べ物にならないほど学費の安い学校がありますが、そういった学校はあまりお勧めできません。

何故なら、英語圏から同じくワーホリでやってきた、アルバイトの先生を雇っていたりするからです。そうなると先生もただネイティブというだけで教えた経験は浅く、全くプロフェッショナルではないのです。そして、ワーホリであれば短期雇用なので、在学中に先生がコロコロ変わる可能性だってあります。

折角お金を払って学校に行くのであれば、安かろう悪かろうでは困りますよね。そのような学校は避けましょう。

語学学校入学に、英語力は必要?-出発前の英語勉強法-

語学学校入学に、英語力は必要?-出発前の英語勉強法
オーストラリアへワーキングホリデーで行かれる場合、到着後に語学学校に通われるのであれば出発時の英語力は全く心配する必要はありません。

語学学校の方でも、初級~上級、全ての学生さんに対応した授業を行っておりますので、英語力が無さ過ぎて学校に入れない!?なんてこともありません。ご安心ください。

語学学校では入学日に英語力のテストを行っており、そのテスト結果に基づいてクラスが分かれるので、クラスメイトは皆あなたと同じ英語力の学生さんになります。周りはペラペラなのに自分だけ話せないという事にもなりませんので、ご心配なさらないでくださいね。

ただそれでもやっぱり、日本で出発前に全く勉強しなかった人と、少しでも復習してから出発した人では、到着後の伸びも違います。もし余裕があれば、少し英語にも触れておきましょう。

こちらにいくつか勉強方法をご紹介します。

1. 万人向け編 Youtubeの英会話レッスンを視聴する
おすすめは、「BILINGIRL ENGLISH」のちかさん。
https://goo.gl/KJ4ZBQ
そういえば、これって英語でなんて言うんだろう?というようなことを動画で解説してくれたり、お店での注文方法、旅行で使える英会話、ちかさん自身の旅行記などなど、おしゃれで楽しい動画にまとめてくれています。

どうせ勉強するなら、楽しく覚えることが一番。まずはこのような動画視聴からスタートしても良いと思います。

他には、こんな方もお勧め。
https://goo.gl/gVb6aS

語学学校入学に、英語力は必要?-出発前の英語勉強法

2. 文法を復習したい方 
文法をきっちりやっておきたい!という方には、中学校で習った文法から復習していくのがお勧めです。

テキストも沢山出ているので、1冊購入してみるのが良いかもしれません。
例えばこんなものもあります

マンガでおさらい中学英語 http://amzn.to/2tLiw5y
中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本 http://amzn.to/2ul20KV

3. ちょっとだけ挑戦編
もうちょっと頑張りたい!という方は、是非英語で英語を勉強してみてください。日本の中学校や高校で英語の教科書を開いても、日本語の解説が載っているのが当たり前だったと思いますが、オーストラリアの語学学校に行くと、教科書やその他教材は勿論全て英語です。

それに慣れる意味でも、英語で英語を学んでおくことはお勧めの勉強法でもあります。
そのおすすめ教材として有名なのがこちら、Essential Grammar in Useというテキストブックです
http://amzn.to/2ukTxax

語学学校の授業も全部英語で進んでいきますが、例えば「名詞」や「動詞」など、英語でなんというか分かりますか?英語で英語を学ぶ練習をしておくことによって、語学学校の授業に入りやすくなると思うので、この勉強法は大変お勧めです。

さて、何となく語学学校について分かってきたところで、次に航空券や保険、その他具体的な準備について順を追ってお話しします。

留学応援ブックを無料プレゼントオーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム
アクティブウーマン留学センターページトップへ