オーストラリア ワーキングホリデーは日本の留学女子に一番人気のアクティブウーマンで!

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順
資料請求はこちら
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
過去のお客様の声 ご来店予約
現地レポート お客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント

プロが教える!オーストラリアワーキングホリデー完全ガイド

オーストラリアワーキングホリデーに行きたい!オーストラリアは加盟国でもダントツ人気NO.1
無料資料請求はこちら

18歳以上30歳以下の若者が、一生に一度だけ取得できる、
夢のようなビザ、ワーキングホリデービザ。

学校に通うこと、旅すること、働く事。
1年間を自由に、自分の好きなようにアレンジすることが出来ます。

滞在資金を現地でのアルバイトで補いながら各地を旅し、生活できる点が、
他のビザと大きく異なる点です。

オーストラリア政府指定の場所で農業などの季節労働を3か月以上行うと、
滞在を2年目まで伸ばすことも可能なビザです。

どんな人がこのワーキングホリデー(ワーホリ)で渡航しているのでしょう?

ワーキングホリデー(ワーホリ)に行く人の目的や目標は色々あります。


●英語がペラペラ話せるようになりたい

●英語を生かした仕事がしてみたい

●英語が話せる彼氏が欲しい

●日本での仕事にやりがいを感じない

●このまま日本で年齢を重ねることに焦りを感じる


などなど・・・・

とにかく、ワーキングホリデー(ワーホリ)は自分で好きなように出来るのです。

「留学」と「ワーキングホリデー(ワーホリ)」の違いは何なのでしょう。

分かりやすい違いは、「期間」です。

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、4ヶ月以上同じ学校では学べません。

つまり、それ以上学びたい場合は、ワーホリはなく語学留学を選択するほうがよいでしょう。

オーストラリアのワーキングホリデーはこんな感じで過ごします

   

まずは学校(キンチョー)                外国人スタッフはと〜ってもフレンドリー

 

 

いろいろな国籍のお友達ができて            イベントも毎週あって楽しいな♪

 

   

いよいよ働くぞ!ワーホリシールをGET!          掲示板で仕事探し〜♪

 

 

たくさんあるから迷っちゃう                 現地オフィスはこんな感じ

 

 

日本食レストランも結構あるよね。           日本のモノもどこでも買えるし。

 

 

スーパーマーケットが巨大!              生理用品も普通に売ってるよ

 

 

シェアハウスはこんな感じ            オーストラリアでワーホリ仲間と気ままに暮らして楽しいよ♪

 

現地で生活する、リアルなワクワクが伝わってきましたね。
実際に渡航した人の話に触れると、もっと「自分も行きたい!」という気持ちが
大きくなったのではないかと思います。

ということで、以下こちらのページでは、
実際ワーキングホリデーで渡航する際に必要な基礎知識や、
多くの方が疑問に思う事について、下記の項目に沿って解説していきます。


・ビザの特徴と条件
・学校
・予算
・銀行口座と送金について
・シェアハウスの探し方
・仕事の探し方
・ファームについて
・セカンドビザについて

ビザの特徴と条件

ビザの特徴と条件
ワーキングホリデービザには年齢制限があり、申請時に18歳〜30歳である必要があります。
31歳のお誕生日が来る前日まで発給可能です。

ワーキングホリデービザでは1年間現地に滞在することが出来、
条件を満たすと2年間に延長することが出来ます。
(こちらの条件については後述します)

ビザ期間内はオーストラリアへの入出国が自由なビザとなっており、
数か月で帰国したり、他の国に移ってしまっても全く問題はありません。

その他にも、健康であることや扶養する子どもが同行しない事などが条件となっています。

尚、ワーキングホリデービザで語学学校に通うことが出来るのは最長17週間までです。
就労時間に制限はありませんが、同一雇用主のもとでは半年までしか働くことが出来ない決まりとなっていますので、頭の片隅に置いておいてください。

ビザの申請はオンラインから行いますが、
弊社では語学学校のご手配を依頼してくださった方に、
無料で申請の代行を行っています。

また、ワーキングホリデービザ費用は$440となっています。(2016年3月現在)
こちらはオーストラリア移民局から直接引き落としとなるため、
代理店に依頼しても、自分で取得されても必要な費用となります。

ご自身で申請される場合は、下記のリンクをご参考ください。
http://activewoman.jp/visa_manual.pdf

<ビザ申請に必要なもの>

有効なパスポート
滞在予定期間を満たしていない場合は、あなたの居住地を管轄するパスポートセンターに相談し、滞在予定期間を満たしたパスポートを取得してからeVisa 申請を行ってください。
クレジットカード
申請料金はクレジットカード決済のみとなります。Visa, MasterCard, American Express, Diners Club International, JCB, Bankcard が使用可能。自分名義でなくても大丈夫です。


学校

学校
先に少し触れましたが、ワーキングホリデービザでは4ヶ月まで学校に通う事が出来ます。

「学校なんて、通う必要あるの?」
「英語は、生活する中で身に付くでしょう!なとかなるさ!」
と思われている方もいると思います。

しかし、滞在先のお部屋を探したり、友達を作ったり、お仕事を探したりといった
生活の基盤を築いていくことは、日本では簡単にできても、
外国であることや英語環境であることによって、全てのハードルが上がってしまいます。

英語力がある程度ある方だったとしても、
知り合いのいない、土地勘のない場所でいきなり生活を始めるのは、本当に大変なことです。

そこで助けてくれるのが学校の存在です。
学校が最初の滞在先を手配してくれるので、到着後はホームステイ又は学生寮滞在をして、
土地勘が付いてきたころにお部屋を探し始めることが出来ます。

学校に通う事によって、自然と友達の輪が広がり、情報交換が出来ます。
更に、学校には頼れるカウンセラーさんや先生たちがいらっしゃるので、
困ったことがあれば何でも相談することが出来ます。
お仕事探しの事や銀行口座の事、恋愛相談だって聞いてもらえます。

1人オーストラリアに渡航して、いつでも頼れる存在があることは、
とても心強いことですよね。

全てを一人で解決しようとしていると、
試行錯誤しているうちにいつの間にか時間が経ってしまい、
貴重な1年間のビザの時間が削られてしまったなんて言う事もよくあります。

オーストラリアでの時間を無駄にしない為にも、
最初の1ヵ月だけでも学校に通いましょう。

予算

ワーキングホリデーに必要な予算は、最初にどのくらいの期間学校に通うかによって変わります。

例えばワーキングホリデービザ就学期間の最長である4ヶ月学校に通われる場合で1年間ワーキングホリデー130万円程度とお考えください。

こちらの金額には、学費・教材費など学校で必要となる費用のほかに、
ご到着後最初の1ヶ月のホームステイ費用(平日2食・週末3食付)や、
1年間分の海外保険料、片道の航空券料金も含まれています。

------------------------------------------------------------

内訳サンプル:

学校費用(入学金・学費・教材費等) 560,000円
滞在費用(手配料・滞在費・送迎費用) 120,000円
留学生保険料1年間分 200,000円
航空券費用 片道 80,000円
ビザ申請費用 40,000円
生活予備費用 300,000円

合計:130万円

------------------------------------------------------------

もし学校に通われる期間が1ヶ月のみの場合、1年間の初期費用60万円程度で渡航可能です。

銀行口座と送金について

ワーキングホリデーで渡航する場合、
お仕事をした際のお給料の受け取りなどがあるため、
必ず現地の銀行口座が必要になります。

銀行口座の開設はとても簡単。
銀行窓口にパスポートを持って行くだけです。

語学学校周辺の銀行は、留学生のための口座開設に慣れていらっしゃるため、
ご安心ください。

更に、銀行口座は給与の受け取り以外にも、海外送金の受取先口座としても必要になります。

銀行送金を利用したい場合は、まず現地の口座を開設して、
日本にいるご家族の方に送金を依頼しましょう。

もし誰かに依頼することが難しい場合は、
外貨プリペイドカードを使う事が出来ます。

銀行口座の開設、送金と外貨プリペイドカードについては、
下記のページに詳しく説明しています。
ご参考ください。

http://activewoman.jp/junbi04.php

シェアハウスの探し方

シェアハウスの探し方
オーストラリアでシェアハウスを探す際、
インターネット掲示板の募集を見るのが主流となっています。

下記に日本語サイトと英語サイトを一つずつ紹介します。

・日豪プレス
http://nichigopress.jp/

・Gumtree
http://www.gumtree.com.au/

新しい情報が次々に掲載されていくので、
こまめにチェックされることをお勧めします。

インターネットや掲示板などで気になる物件を見つけたら、
次は見学です。

写真では綺麗なお家だったはずなのに、実際はお風呂が黴だらけだったり、
キッチンにコバエがたくさん飛んでいたりすることだってあります。

インターネットの情報だけ見て入居を決めることは、絶対にしないでくださいね。

インターネット以外では、学校掲示板や友達の口コミなどで探す方法があります。
こちらの方法はインターネットに比べると、情報量は少なめです。
ただ、こちらの方が情報自体の信頼性も高く
早く良い条件のお部屋が見つかるかもしれません。

どの様な方法でお部屋を探した場合にも、
お部屋を決める際には、必ず見学に行って、家の中だけでなく周辺の様子や、
どんな人が住んでいるかについても確認しましょう。

そして、家賃にインターネット料金や光熱費が含まれているのかどうかという事や、
保証金の扱い、最低入居期間などの条件について完全に理解したうえで、入居を決めましょう。

もし契約書内容に不明点がある場合などは、一度持ち帰り、
学校のスタッフさんや先生にまず相談してみましょう。

<お部屋探しのポイント>
日本でアパートを探すときと同じかもしれませんが、
お部屋を探し始める前にある程度自分の中での条件を考えておきましょう。

例えば…
*一人部屋が良いorシェアがいい
*家賃は週に何ドルまで
*街の中心に住みたいor住みたくない
*バストイレが各部屋に欲しい 
…などです。

優先順位を決めておくと、お部屋探しがスムーズに進みます。


シェアハウスを安全に探す7つの方法について、
より詳しく下記のリンクに掲載しているので、ご参考ください。

http://activewoman.jp/info/qa3.php

仕事の探し方

仕事の探し方
オーストラリアでお仕事を探すには、大きく分けて3つの方法があります。

@ インターネットで探す
A いろんなお店に履歴書を配り歩く
B 友達に紹介してもらう

まず@の場合、シェアハウス探しと同様に、
上で紹介した日豪プレスやGumtreeが使えます。

求人ごとに、応募方法が記載してあります。

「ここにメールで履歴書を送ってください」

と書かれているものが多くありますが、
実際に履歴書を送ってみて、何も返事がない場合は
直接履歴書をもってお店に行ってみましょう。

「面接に呼ぼうと思っていたのに、すっかり忘れてたよ!」
なんて事、オーストラリアでは日常茶飯事です。


次にAの場合、履歴書を印刷してお店に配りましょう。

日本でアルバイトを探す際にあまりこのような方法を使いませんよね。
しかし、オーストラリアでアルバイト探しをしている人の多くが
この方法でお仕事を得ています。

初めは緊張するかもしれませんが、知らない人にいきなり英語で話しかけることは、
とても良い経験になります。
頑張ってみてください!

最後に、Bの方法。
友人の紹介が、一番確実にお仕事を得られる方法です。

ワーキングホリデーの方々は、行きたい都市に次々と移動し、
より良い条件の仕事に移っていくのが普通です。
更に、同一雇用主の元で半年以上働く事が出来ないという規定もあります。

そのような理由から、スタッフの入れ替わりが早いので、
店側もやめるスタッフに対して、
「辞めるなら代わりの子、連れてきてよ!」と頼むことがよくあります。

特に面接や履歴書の提出もなく採用となる場合もあるので、
職種に拘らない場合、ポジションに空きが出たら教えてほしいという事を
予め友達に頼んでおくと良いかもしれません。

<アルバイトについて、一番よくいただくご質問!>

「英語力0の状態でもお仕事はありますか?」

はい、あります!

お掃除やお皿洗いなど、英語で会話する必要のない裏方のお仕事や、
日本人オーナーの元でのお仕事など、
英語力が必要のない求人も沢山あるので、ご安心ください。

ただ、折角オーストラリアで働くのに、
ずっと英語の必要ない仕事ではもったいないですよね。

ある程度英語力が付き、現地で働くことに慣れてきたら
どんどん条件の良い方へ転職していきましょう!

アルバイト探しの基礎知識について、
より詳しく下記のリンクに掲載しているので、ご参考ください。

http://activewoman.jp/info/qa2.php

ファームについて

ファームについて
ワーキングホリデーの方の多くが、
ファーム(農場)でのお仕事を経験することになるかと思います。

オーストラリアは農業が大変盛んな国なので、
1年中ファームのお仕事がなくなることはありません。
野菜や果物の収穫をして箱詰めしたり、
枝を切ったり、農薬をまいたりと、様々なお仕事があります。

また、ファームは内陸部にあるため、学校があるような都市部にはありません。
そのため、ファームでのお仕事をしたい方は、学校卒業後に移動する必要があります。

<ファームジョブの探し方>

ファームでのお仕事を探す際、まずはある程度インターネットで目星を付けます。

*掲示板
Helpx: http://www.helpx.net/findhosts.asp?network=2
WWOOF: http://www.wwoof.com.au
※勿論先に紹介した日豪プレスやGumtreeも使えます。

その後、求人情報に掲載されている連絡先にコンタクトを取り、
仕事があるかどうか確認したうえで、そちらに移動しましょう。

インターネット以外で探す場合、
直接ファーム地帯に行ってお仕事紹介所のようなところに相談する方法もあります。

バックパッカー(宿泊施設)がお仕事の斡旋をしている場合も多いため、
とりあえずファーム地帯に行ってみて、
紹介所に登録したりして仕事を待つ、というスタイルの方もいます。
こちらの方法でも、勿論お仕事を得ることが出来ます。

ただ、折角来たのに人手は十分足りていてポジションに空きがなかった、
なんてことになると無駄足になってしまうので、
ある程度事前に確認をしてから動くことをお勧めします。

<ファームジョブのお給料>

ファームジョブには2種類の給与形態があります。
歩合制と時給制です。

時給制はご存知の通り、仕事量に関わらず働いた時間分だけのお給料がもらえます。
ただ、ファームはどちらかというと歩合制を採用しているところが多いようです。
1時間、$16〜$22程度がスタンダードのようです。

一方で歩合制の場合は、収穫した果物の重さや、箱詰めした箱の個数などによって
賃金が決められています。

そのため、不慣れな人や体力のない人はあまり稼ぐことが出来ない場合もあるようです。

セカンドビザについて

セカンドビザとは、1年目のビザの間に政府が指定した地域で、
3か月以上の季節労働(農業や工場での勤務など)をすることで得られる
2年目のビザです。

ビザの内容は全て1年目のビザと同様で、
ビザ申請時に18歳以上30歳以下である必要があり、
就学は17週間までとなっています。
就労時間に制限はありません。

ただ最初のビザと一つ違う点は、
オーストラリア国内からでも申請できるという事です。

オーストラリアからセカンドビザを申請した場合、
発給された時点で一つ目のビザは失効するので、注意してくださいね。

また以前までは、
無給で働く代わりに、食事と住むところを提供してもらえる、
WWOOFというスタイルの働き方でも、セカンドビザの取得が可能でした。

しかしもう既に、WWOOFで働いた日数は、セカンドビザ申請条件の日数へ算入しない方向へと変わって行っているようです。

セカンドビザが欲しい方は、有給の農場で働き、給与明細をきちんと管理・保管しましょう。
給与明細は、ビザの申請時に提出が求められています。

また、セカンドビザを取りたい旨を、最初にファームの管理者の方に伝えておきましょう。
後から、実は政府指定の農場でなかったという事になってしまうと、
それまでの苦労が水の泡になってしまいます。
そのようなことの無いように十分注意してくださいね。

実際に渡航した先輩の感想を聞いてみましょう


U・Y様

当時、空港業界で働いていた私は度々英語で接客をしていたのですが、
お客様にHow are you?と言われてもI'm fine ,and you?という、ありきたりなフレーズしか言う事が出来ず、もっと話したいけど、自信がないし、英語がでてこない、毎日もどかしく接客をしていました。

こんな毎日に嫌気がさして、ふとオーストラリアに行ってみたいなーと思いつき、
留学に行く事を決め、仕事を辞める一大決意をしました!

とっても急だったので、家族、仕事場の同期、友達にもびっくりされましたが、
自分のやりたい事だったのでみんな応援してくれました!!

それから1年もたたない間にブリスベンでの留学生活がスタートしました。
ブリスベンは学校も周りにたくさんあり勉強する環境に大変良かったです。

友達できるかとか、英語だけの授業についていけるかとか不安だったのですが、学校にはたくさんの行事があり、放課後のアクティビティーや、休日に島に行ってみんなで泳いでBBQしたり、サンドボードをしたり、サーフィンしたりで友達をたくさん作ることができました!

私が一番好きだったのはインターナショナルディというアクティビティーです。自分の国の食べ物を1人一品もちより、みんなに紹介しながらそれぞれの国の食べ物を楽しむという行事です。

学校は勉強面も充実していて、宿題をほぼ毎日貰うので、
放課後に友達と近くの図書館に行って、よく勉強していました。
TOEICの点数も上がり、勉強したかいがありました!!

たった4ヶ月でしたが、オーストラリアの語学学校で学ぶことができ、
ほんとに濃い学生生活でした!!!
卒業後は運良く、オーストラリア人経営のレストランで働くことができ、
ビジネス英語が身につき、毎日良い刺激を受けています!
先輩の声

T・A様

オーストラリアに来て最初の2ヵ月間、シドニーで学校に通いました。
学校では友達がたくさん出来て、しかも英語で会話しているなんて信じられないくらい楽しい日々した。

その後ケアンズでオーストラリア人ファミリーのお家に住み込みで子供のお世話をするオーペアという仕事を4か月間しました。そこではもちろん日本語は通じないし家事と子供3人のお世話の一切を任されていたので、本当に大変な日々でしたがこの4か月でかなり英語は上達したと思います。この頃から「ケータイどこかな?」とか「お腹すいたな」などふと思うことが英語になってきました。

そして今はセカンドビザを取るためにクイーンズランド州のいちごファームで働いています。
オーストラリア人オーナーのシェアハウスでオーナー家族と一緒に住んでいます。
仕事は歩合制なのでお給料は人によりますが、私は週$600〜800くらいもらっています。この仕事を始めてかなり貯金できました。

オーストラリアに来て毎日毎日が刺激的で、ただスーパーのレジに並んで買い物をすること、バスに乗ること、レストランで注文をすること、日本では何も考えずにしていたことにドキドキワクワクしています。

日本では「いーなー」「やりたいなー」って思っていながら「でも仕事あるし」「でもお金かかるし」と何かとやらない私でしたが、オーストラリアに来てからは「あれやりたい!じゃやろう!」と何でもとりやえずやってみる度胸がついたと思います。

だって私はまだまだ片言だけど英語が喋れるし!
相手の言っていることがわからなければ何度でも聞き直せばいいし、
私の英語が分かってもらえなければ言い方を変えればいいだけ!

今はオーストラリアで英語を使って生活していることが本当に楽しいです。
世界中に友達が出来たし、日本で普通に仕事をしていたら絶対に出来ない素晴らしい経験や出会いもあるし。

私は学歴も、就職した有名企業でのキャリアも捨ててオーストラリアに来ましたが、全く後悔していません。
あのとき思い切って会社を辞めてオーストラリアに来ていなければ、今も日本で「海外行きたいなー英語が話せるようになりたいな」って思いながら生活していたと思います。

私は今27歳で友達は結婚したり子供が生まれたりしているけれど、
本当にオーストラリアに来て良かったと思っています。

もし年齢を理由に迷っている方がいるなら、ぜひ思い切って自分のやりたいことをやってほしいと思います。だって自分の人生は自分のものだから!まだまだ自分史に大きな歴史を残したい!70歳になった私はきっと会社を辞めて26歳でオーストラリアに来たことを孫に誇らしげに話すと思います。

最後に。

オーストラリアで、一人でアルバイトを探したりお部屋を探したり。
本当に自分にできるの?と不安になるかもしれませんが、
あまり心配しないでくださいね。


現地での生活に慣れていくにつれ、自ずと出来るようになっていきます。



いかがでしたか?

オーストラリアにワーキングホリデーするとどうなるのか具体的にイメージ出来てきたのではないでしょうか?

より詳しい情報を知りたい方に女性のためのオーストラリア ワーキングホリデーを応援する「女性のための留学応援ブック」を無料プレゼントいたします。

実際の都市情報や予算、お奨め語学学校など細かい情報が掲載されているので、ぜひご活用下さいね!

夢の実現のためにまずは最初の一歩を踏み出そう!
STEP1  資料請求

出発前にどんな英語の勉強をしておけばいいの?そんなお悩みがある方はぜひ読んでください。
ワーキングホリデー出発前のおススメ英語勉強方法
アルバイトの種類や時給、ファームやワーホリがよく使うウェブサイトなどをご紹介しています。
オーストラリアへワーホリ 留学した時のアルバイト探し 6つの基礎知識
シェアハウス探しはネットや掲示板、口コミなど様々な方法があります。公共料金やネット料金もしっかりチェックしましょう。
オーストラリア留学でシェアハウスを安全に探す7つの方法
留学に必要な費用はいくら?どれくらいのお小遣いが必要?日本のお金はどうやって持っていくの?日本にお金は残していくべき? そんな疑問にお答えします。
ワーキングホリデーに必要なお金の準備
携帯プラン紹介、日本で使っている携帯は解約する?国際電話の掛け方、現地ネット環境などについて。
オーストラリアでのスマートフォン・携帯について
ファーム探しはこちら
PAGETOP