• HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。

私が日本を飛び出したのは28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
  • キックオフセミナー
  • オーストラリア留学フェア
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • 面談ブログを随時アップ!
  • なぜオーストラリア?
過去のお客様の声 ご来店予約
現地レポート お客様の声
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
  • アクティブウーマン留学センター 桜井彰子のワーキングホリデー体験ブログ
メールマガジン登録無料
お名前 姓: 名:
E-Mail

メールマガジンバックナンバー
オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント

学生ビザ申請方法

オーストラリア留学・ワーホリ>オーストラリア留学について>学生ビザ申請方法

オーストラリア学生ビザ申請手順

オーストラリアの学生ビザ(Subclass 570〜576)

下記(1)〜(3)全てに該当する方はインターネット( http://www.immi.gov.au/Services/Pages/online-services.aspx)にてビザ申請を行ってください。

学生ビザの申請条件

オーストラリアの学生ビザは、「オンライン申請(eVisa)」と「郵送申請」の2種類の方法がありますが、現在は申請時間の短縮にもつながる、オンライン申請(eVisa)が主流となり、eVisaで申請できない理由が無限り、すべてeVisaでの申請が求められます。

項目

条件

十分な資金がある 「十分な資金」と言っても具体的な金額があるわけではありません。「オーストラリア留学中に、困らないで生活できる資金」とお考えください。
政府認定校である 入学先の教育機関が、政府認定校(CRICOS登録校)として認可されている必要があります。
学生ビザの規則を理解する 学生ビザを取得するためには、オーストラリアの移民法が定める学生ビザの規則を十分理解しておく必要があります。
入学許可書 政府認定校に入学手続きを行い、学費の納入後に学校より発行される、COE(入学許可書)が必要となります。
健康状態 大使館指定病院で健康診断、レントゲン診断にパスする必要があります。
OSHCの加入 OSHC(Oversea Students Health Cover)と呼ばれる、海外留学生保険に加入する必要があります。
年齢 eVisa申請の場合、申請時に6歳以上である必要があります。
扶養家族 扶養家族の有無に関わらず、eVisa申請することが可能です。
アセスメントレベル

オーストラリアの指定するアセスメントレベルにおいて、レベル1に規定されている必要があります(日本国籍の方はアセスメントレベル1に指定されています)。

学生ビザの有効期限

学生ビザは、コース期間 + コース終了日から1ヶ月間の滞在が認められます。

つまり、2010年5月30日にコースが修了する場合、2010年6月30日まで滞在が認められます。

コース終了日から1ヶ月の期間は、仮にコース期間中に病気やケガをしてしまい、就学予定期間中に授業が受けられなかった場合を考え、期間を繰り下げて授業を受けられるために用意されている期間です。

E-visa申請時に必要なもの

パスポート

修学期間を満たした有効なパスポート

クレジットカード

自分名義でなくともカード名義人が使用を了承してくれていればどなたのものでもかまいません。

Visa/MasterCard/American Express/Diners Club International/Bankcard/JCB

入学許可証のコピー (Confirmation of Enrolment: CoE)
所要日数

健康診断の結果が指定医より大使館へ届けられた日から約1週間〜10日

(審査状況により更に時間がかかる事もあります。)

申請料金

AU$535 (2013年3月現在)

それでは以下のフォームより申請を行います。

http://www.immi.gov.au/Services/Pages/online-services.aspx

*申請和訳はこちら

http://activewoman.jp/about_aus/visa02.php

eVisa申請の流れ

(1)

オーストラリア大使館のhttp://www.immi.gov.au/Services/Pages/online-services.aspxをクリック

(2)

Start your application をクリック

(3) To help Determine the appropriate class of visa・・・のページにある質問事項から当てはまるものをクリックしてください。
(4) Terms and Conditions(条件条項)を理解したら、I agree to the terms and conditionsをクリックしてください。
(5) Terms and Conditions(条件条項)を理解したら、I agree to the terms and conditionsをクリックしてください。
(6) STEP1〜10の質問に答えてください。
(7) STEP1〜10の質問に答え終わると、Please check that the information you have provided is correct before you continueのページが表示されます。入力内容が正しいか確認してください。もし入力ミスがあった場合は該当箇所にあるClick here to edit the following informationをクリックし、間違っていたものを訂正してください。
(8) 間違いがなければ次に進み、クレジットカードの詳細を入力し、Submit Applicationのボタンをクリックして申請してください。
(9) 上記8で申請提出を終えると、TRN番号(照会番号)が表示されたページが現れます。TRN番号が与えられたら、あなたのeVisa申請は正式に受理されたことを意味します。TRN番号はeVisa申請を管理する上で重要な番号ですので、印刷するか必ず控えておいてください。
(10) TRN番号を控えたら、同ページに表示されているBefore you exitの欄にDownload health form(s) (required)をクリックし、PDF160とPDF26両方の用紙をダウンロード・印刷してください。ダウンロードした用紙はForm26EHとForm160EHとなります。これらの用紙はあなた専用の健康診断用紙となります。Form26EHはPartA〜PartCで構成された全8ページ、Form160EHはPartA〜PartDで構成された全3ページです。印刷したら、各用紙の最下部にあなたのTRN番号、生年月日、パスポート番号、パスポート発行国がきちんと印字されているか確認してください。不鮮明な場合、TRN番号を最下部空欄に自分で記入してください。確認したら、大使館指定病院に予約をし、印刷した用紙とパスポート原本を持参の上、速やかに受診してください。査結果は指定病院より大使館へ直送されます。検査結果が大使館へ届いたかどうかの確認は必要ありません。指定病院のリストはWhat you need to do の3行目にあるCLICK HERE又はhttp://www.immi.gov.au/Help/Locations/Pages/Japan.aspxで確認できます。
(11) 上記10で健康診断用紙2種類のダウンロード及び印刷を完了したら、Thank you for applying onlineの下にあるEXITボタンをクリックしてeVisa申請画面を閉じてください。これでeVisa申請が完了です。

eVisaに関する移民省との連絡方法と注意事項

●eVisa申請の審査はオーストラリアのパースにあるDIMIA事務所で行われます。

●eVisaに関するあなたとDIMIAとのやり取りは、あなたがeVisa申請中で希望した連絡方法で(e-mail、郵送)行われます。

●ビザ発給の条件を全て満たした方には、ビザが許可され、ビザ発給許可通知(Visa Grant Notification: VGN)が届きます。

●VGNには発給されたビザの滞在許可期限や守らなければならない諸条件等が記載されています。

●eVisaは電子上で許可されるビザなので、パスポートにシール等の証明書は一切貼られません。

●VGNをプリントし携帯してオーストラリアへ渡航することになります。 オーストラリア入国後にパスポート上にシールを貼ってもらう手続きは一切ありません。

その他

健康診断用紙のダウンロードに失敗し再度ダウンロードが必要な方

健康診断用紙のダウンロードに失敗し再度ダウンロードが必要な方はhttps://www.ecom.immi.gov.au/inquiry/query/query.do?action=eVisaをクリック、TRN・生年月日・パスポート番号を入力し、次の画面の"Complete health forms for this applicant" をクリックしてください。再度用紙をダウンロードする画面にアクセスできます。

申請内容に誤りがあったことが判明した場合は速やかにメールで( eVisa.Students.Helpdesk@immi.gov.au. )あなたの名前、生年月日、パスポート番号、TRN番号を明記の上、要件を簡潔に英語で報告してください。eVisa申請はパースにあるDIMA事務所で行っております。 連絡や問い合わせ等が必要な方は直接上記メールアドレス宛てに送ってください。

オンライン申請を一時中断し、保存する方法

e-Visa申請の際、これまで入力していた画面を一時保存することができます。

一定時間以上、申請を中断してそのままにしてしまうとタイムアウトとなり、今まで入力していたデータが消えてしまうことがあります。

その場合は、もう一度はじめから、申請しなおす必要があります。

そうならない為にも、一時保存をしておくことをお勧めします。

SAVEをクリックすると、次の画面になりますので、パスワードを入力し登録後、saved application numberを必ず控えてください。

保存していた申請を再開する際は、https://online.immi.gov.au/lusc/loginにアクセスしてください。

オンライン申請後のVISAの状況確認方法

オンライン上にて審査状況の確認ができます。その際、TRN番号、パスポートの詳細が必要となりますので、あらかじめご用意ください。

https://www.ecom.immi.gov.au/inquiry/query/query.do?action=eVisa

上記に記載の内容は法改正等により予告なく変更される場合があります。ビザに関する詳細は、オーストラリア大使館またはDIMIAのホームページをご参照ください。

STEP1  資料請求 STEP2  ワーホリ・留学セミナー STEP3  渡航前カウンセリング
PAGETOP